先頭に戻る

RFパワーディテクタ、UCSP

業界最小のパワー検出回路

製品の詳細

広帯域(800MHz~2GHz)パワーディテクタのMAX2205~MAX2208は、GSM/EDGE (MAX2206)、 TDMA (MAX2207)、およびCDMA (MAX2205/MAX2208)アプリケーションに最適です。MAX2206/MAX2207/MAX2208は入力で指向性カプラからのRF信号を受けて、再現可能な電圧を出力します。この出力電圧は、入力電力の増加と共に単調に増加します。出力は温度およびプロセスシフトに対して補償されるので、ワーストケースの変動がフルパワーにおいて±1dB以下、最低電力において±2.5dB以下に抑えられます。

MAX2206はダイナミックレンジが40dBであるため、GSM/EDGEアプリケーションに最適です。MAX2207は、TDMAアプリケーション用に消費電流が低く抑えられています。MAX2205/MAX2208はそれぞれフィルタを内蔵しているので、25dBのダイナミックレンジでCDMA信号の平均電力を検出することができます。また、MAX2206/MAX2207/MAX2208は、指向性カプラとのインタフェース用に50Ωの終端器を内蔵しています。MAX2205は入力がハイインピーダンスで、CDMAアプリケーションで低損失の抵抗タップを備えています。これらのすべてのデバイスでは、ユーザにより外部から平均時定数を制御することができます。

MAX2205~MAX2208は省スペース2 x 2、0.5mmピッチのUCSP™で提供され、必要な外付け部品はわずか3個です。

主な機能

  • わずか1mm²占有する省スペース2 x 2 UCSPパッケージ
  • 内蔵温度補償により±0.3dBの検出精度を実現
  • 外付けフィルタやオペアンプ不要
  • パワー検出範囲
    • 40dB (MAX2206)
    • 25dB (MAX2205/MAX2207/2208)

アプリケーション/用途

  • デュアルバンドCDMA/TDMA携帯電話
  • デュアルバンドGSM/EDGE携帯電話
  • PAモジュール
  • WCDMA携帯電話

簡略化されたブロック図

MAX2205、MAX2206、MAX2207、MAX2208:標準動作回路 MAX2205、MAX2206、MAX2207、MAX2208:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • わずか1mm²占有する省スペース2 x 2 UCSPパッケージ
  • 内蔵温度補償により±0.3dBの検出精度を実現
  • 外付けフィルタやオペアンプ不要
  • パワー検出範囲
    • 40dB (MAX2206)
    • 25dB (MAX2205/MAX2207/2208)

アプリケーション/用途

  • デュアルバンドCDMA/TDMA携帯電話
  • デュアルバンドGSM/EDGE携帯電話
  • PAモジュール
  • WCDMA携帯電話

説明

広帯域(800MHz~2GHz)パワーディテクタのMAX2205~MAX2208は、GSM/EDGE (MAX2206)、 TDMA (MAX2207)、およびCDMA (MAX2205/MAX2208)アプリケーションに最適です。MAX2206/MAX2207/MAX2208は入力で指向性カプラからのRF信号を受けて、再現可能な電圧を出力します。この出力電圧は、入力電力の増加と共に単調に増加します。出力は温度およびプロセスシフトに対して補償されるので、ワーストケースの変動がフルパワーにおいて±1dB以下、最低電力において±2.5dB以下に抑えられます。

MAX2206はダイナミックレンジが40dBであるため、GSM/EDGEアプリケーションに最適です。MAX2207は、TDMAアプリケーション用に消費電流が低く抑えられています。MAX2205/MAX2208はそれぞれフィルタを内蔵しているので、25dBのダイナミックレンジでCDMA信号の平均電力を検出することができます。また、MAX2206/MAX2207/MAX2208は、指向性カプラとのインタフェース用に50Ωの終端器を内蔵しています。MAX2205は入力がハイインピーダンスで、CDMAアプリケーションで低損失の抵抗タップを備えています。これらのすべてのデバイスでは、ユーザにより外部から平均時定数を制御することができます。

MAX2205~MAX2208は省スペース2 x 2、0.5mmピッチのUCSP™で提供され、必要な外付け部品はわずか3個です。

簡略化されたブロック図

MAX2205、MAX2206、MAX2207、MAX2208:標準動作回路 MAX2205、MAX2206、MAX2207、MAX2208:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。