MAX2203

RMSパワーディテクタ

変調に関係なく、全入力電源範囲で業界最高精度のRMSパワーディテクタ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

RMSパワーディテクタのMAX2203は、800MHz~2.0GHzで動作するように設計されています。このデバイスは、広帯域符号分割多重アクセス(WCDMA)、cdma2000®、および高速ダウンリンク/アップリンクパケットアクセスに最適です。MAX2203は、入力でRF信号を受け入れ、入力信号のピーク電力対平均電力比に関わらず同じ電圧を出力します。出力電圧および入力電力はログリニアです。このデバイスは、-24dBm~+3dBmの検出範囲を備え、入力電力が1dB変化すると、出力電圧が35mV (typ)変化します。

MAX2203は、2.5V~4.2Vの電源で動作し、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。このデバイスは、6ピンWLPパッケージで提供されています。
MAX2203:標準動作回路 MAX2203:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 電力検出範囲:-24dBm~+3dBm
  • ログディテクタ:35mV/dB (typ)
  • WCDMA変調方式におけるRMS精度:0.1dB (typ)
  • 温度による検出誤差:±0.4dB
  • 単一電源動作:+2.5V~+4.2V
  • 省スペース6ピンWLPパッケージ

アプリケーション/用途

  • 高速ダウンリンクパケットアクセス(HSDPA)
  • 高速アップリンクパケットアクセス(HSUPA)
  • WCDMA、cdma2000、1xEVDO

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン
アプリケーションノート 5099 Alarm Sounds When RF Transmitter is Out of Range

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX2203 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX2223
Ultra-Wideband, Direct-Conversion, L-Band Satellite Tuner

  • 925MHz to 2175MHz Frequency Range
  • Monolithic VCO
  • High Dynamic Range: -75dBm to 0dBm