MAX2180

AM/FMアンテナ用ローノイズアンプ

調整可能な利得制御を備えた業界最高クラスのAM/FM LNAがスペースとコストを節約し機能性を向上


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2180は、車載アクティブアンテナのアプリケーションに最適な高集積AM/FM可変利得ローノイズアンプです。このデバイスは、AMとFMで個別の信号経路を備え、それぞれが30dBの利得範囲を提供し、個々の内蔵パワーディテクタで制御されます。AM信号経路は148kHz~30MHzの入力周波数範囲を対象とし、FM信号経路は65MHz~162.5MHzを対象とします。

このデバイスは、電圧レギュレータとパストランジスタを内蔵しており、+8V~+24V範囲のバッテリ電圧を使用した動作が可能です。内蔵の熱保護によって、過酷な熱状況時に自動的に接合部温度を制限します。

このデバイスは、4mm x 4mmの小型TQFNパッケージで提供され、工業用拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

主な特長

  • 電源電圧範囲:+8V~+24V
  • 内蔵のAGC機能によって外付けのPINダイオードが不要
  • 高ダイナミックレンジ
  • 低ノイズ設計
  • 外付けBOMが少数
  • 熱保護を内蔵
  • 小型パッケージ(4mm x 4mm TQFN)

アプリケーション/用途

  • アクティブアンテナ
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度