先頭に戻る

RF to Bits車載ラジオチューナ

リモートチューナおよびソフトウェア定義ラジオに対応するアナログ/デジタルラジオレシーバ

製品詳細

MAX2175 ICは、車載受信環境でのリモートチューナおよびソフトウェア定義ラジオソリューション用に設計されたフロントエンドを備えた高度アナログ/デジタルRF to Bits®ラジオレシーバです。この高集積チューナは、デジタルオーディオ放送(DAB)およびデジタルマルチメディア放送(DMB)アプリケーション用にダイレクトコンバージョンを使用し、VHF-IIIバンドとLバンドの両方をカバーします。低IFとベースバンドへのデジタル変換を使用して、FM、DRM+、FM-HD、およびウェザーバンドの受信に対応します。AM (長波、中波、および短波)およびDRMの受信には、ダイレクトサンプリングとベースバンドへのデジタル変換を使用して対応します。

このデバイスは、バッファを備えたリファレンス周波数の差動出力を提供し、マルチチューナシステムに対応します。このデザインは全主要ブロックを内蔵しているため、高度なベースバンドソリューションを備えた低電力の、オンボードチューナ設計が可能です。このチューナはデジタルフィルタ処理を内蔵し、目的のチャネルを復調するためにベースバンドプロセッサで必要になるMIPSを最小限に抑えます。結果のIチャネルおよびQチャネルのデータワードは、業界標準のI2Sデジタルインタフェースを介してベースバンドに伝送されます。

MAX2175 ICは、エクスポーズドパッドを備えた48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)で提供されます。電気的性能は-40℃~+85℃の拡張温度範囲にわたって保証されます。

ビデオを見る ›

設計ソリューション:Remote Tuner Architecture Reduces Wiring Weight and Cost While Improving Noise Immunity ›

リモートチューナー技術についての詳細 ›

主な機能

  • I2S出力を備えたRF to Bitsアーキテクチャ
  • 単一電源電圧:+3.3V
  • VHF-IIIバンドループスルー内蔵
  • AM中波帯の全帯域を受信
  • 全デジタル利得制御
  • 柔軟なデータ構造
  • 設定可能なワード長
  • デュアルまたはシングルデータラインモード
  • 小型パッケージ(7mm x 7mm、48ピンTQFN)

アプリケーション/用途

  • 車載インフォテイメントシステム
  • リモートラジオ
  • スマートアンテナ
Parametric specs for Radio Tuners
VSUPPLY (V) 3.1 to 3.5
Applications AM
DAB
DRM
FM
HD
Solutions Automotive
Band/ Freq. (MHz) 76 to 90
87 to 108
168 to 240
1452 to 1492
Footprint (mm x mm) 7.0 x 7.0
Package/Pins See Data Sheet
View More

簡略化されたブロック図

MAX2175:ACE Award受賞製品 MAX2175:ACE Award受賞製品 Zoom icon

技術資料

データシート RF to Bits車載ラジオチューナ Jan 03, 2017

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

説明

MAX2175の評価キット(EVキット)は、RF to Bits®車載ラジオチューナのMAX2175の性能の評価に使用します。このEVキットは2つのチューナの使用をサポートし、ダイバーシティアプリケーション、1つのアンテナによるデュアルチューナFM機能、およびカスケードVHFループスルー/チューナ動作の評価が可能です。2つのチューナの出力はI2SマスターオンリーまたはI2Sマスター/スレーブが可能で、広範なベースバンド接続方式の評価に対応します。

各チューナのベースバンド出力ポートへの容易なアクセスが、0.1インチヘッダを介して提供されます。これによって、チューナとFPGAやロジックアナライザなどの一般的なデータキャプチャシステムとの便利な接続が可能です。また、このボードはカスタムベースバンドDSPインタフェースも内蔵し、I2SおよびI2Cポートと特定のDSPプラットフォームとの接続に使用することができます。

すべてのRFポートはSMAコネクタを介してアクセス可能です。標準的フィルタがEVキットに内蔵されているため、現実的な環境での性能を評価することができます。両方のチューナを1つの信号源に接続する共通のFM経路が提供され、デュアルチューナFM機能の評価が可能です。

このEVキットは、外部I2C-USBインタフェースを使用するように設定されています。これによって、MAX2175のグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)ソフトウェアを介したチューナの制御が可能です。このソフトウェアは、デバイスの機能に対する広範なアクセスを提供します。I2C信号はDSPコネクタおよび0.1インチヘッダにも配線されているため、必要に応じてMAX2175ドライバを使用したベースバンドDSPによるチューナの設定も可能です。

このEVキットの動作には3.3V単一電源が必要で、外部ベンチ電源によって供給することができます。あるいは、DSPインタフェースコネクタから必要な電源を供給することも可能です。

詳細を見る

特徴

  • 全信号経路および受信モードの評価が可能
  • デュアルチューナによってデュアルチューナ固有の機能の評価が可能
  • カスタムDSPインタフェースによってDSP評価プラットフォームとの接続が可能
  • ロジックアナライザインタフェースによって接続を簡素化
  • MATLAB®デシリアライザ機能によって評価を簡素化
  • MAX2175 GUIを使用するチューナのUSBレジスタ制御
  • 全帯域の入力フィルタによって現実的なテスト環境を作成
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

説明

MAX2175の評価キット(EVキット)は、RF to Bits®車載ラジオチューナのMAX2175の性能の評価に使用します。このEVキットは2つのチューナの使用をサポートし、ダイバーシティアプリケーション、1つのアンテナによるデュアルチューナFM機能、およびカスケードVHFループスルー/チューナ動作の評価が可能です。2つのチューナの出力はI2SマスターオンリーまたはI2Sマスター/スレーブが可能で、広範なベースバンド接続方式の評価に対応します。

各チューナのベースバンド出力ポートへの容易なアクセスが、0.1インチヘッダを介して提供されます。これによって、チューナとFPGAやロジックアナライザなどの一般的なデータキャプチャシステムとの便利な接続が可能です。また、このボードはカスタムベースバンドDSPインタフェースも内蔵し、I2SおよびI2Cポートと特定のDSPプラットフォームとの接続に使用することができます。

すべてのRFポートはSMAコネクタを介してアクセス可能です。標準的フィルタがEVキットに内蔵されているため、現実的な環境での性能を評価することができます。両方のチューナを1つの信号源に接続する共通のFM経路が提供され、デュアルチューナFM機能の評価が可能です。

このEVキットは、外部I2C-USBインタフェースを使用するように設定されています。これによって、MAX2175のグラフィカルユーザーインタフェース(GUI)ソフトウェアを介したチューナの制御が可能です。このソフトウェアは、デバイスの機能に対する広範なアクセスを提供します。I2C信号はDSPコネクタおよび0.1インチヘッダにも配線されているため、必要に応じてMAX2175ドライバを使用したベースバンドDSPによるチューナの設定も可能です。

このEVキットの動作には3.3V単一電源が必要で、外部ベンチ電源によって供給することができます。あるいは、DSPインタフェースコネクタから必要な電源を供給することも可能です。

詳細を見る

特徴

  • 全信号経路および受信モードの評価が可能
  • デュアルチューナによってデュアルチューナ固有の機能の評価が可能
  • カスタムDSPインタフェースによってDSP評価プラットフォームとの接続が可能
  • ロジックアナライザインタフェースによって接続を簡素化
  • MATLAB®デシリアライザ機能によって評価を簡素化
  • MAX2175 GUIを使用するチューナのUSBレジスタ制御
  • 全帯域の入力フィルタによって現実的なテスト環境を作成
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX2175 IBISモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

Parametric specs for Radio Tuners
VSUPPLY (V) 3.1 to 3.5
Applications AM
DAB
DRM
FM
HD
Solutions Automotive
Band/ Freq. (MHz) 76 to 90
87 to 108
168 to 240
1452 to 1492
Footprint (mm x mm) 7.0 x 7.0
Package/Pins See Data Sheet

主な機能

  • I2S出力を備えたRF to Bitsアーキテクチャ
  • 単一電源電圧:+3.3V
  • VHF-IIIバンドループスルー内蔵
  • AM中波帯の全帯域を受信
  • 全デジタル利得制御
  • 柔軟なデータ構造
  • 設定可能なワード長
  • デュアルまたはシングルデータラインモード
  • 小型パッケージ(7mm x 7mm、48ピンTQFN)

アプリケーション/用途

  • 車載インフォテイメントシステム
  • リモートラジオ
  • スマートアンテナ

説明

MAX2175 ICは、車載受信環境でのリモートチューナおよびソフトウェア定義ラジオソリューション用に設計されたフロントエンドを備えた高度アナログ/デジタルRF to Bits®ラジオレシーバです。この高集積チューナは、デジタルオーディオ放送(DAB)およびデジタルマルチメディア放送(DMB)アプリケーション用にダイレクトコンバージョンを使用し、VHF-IIIバンドとLバンドの両方をカバーします。低IFとベースバンドへのデジタル変換を使用して、FM、DRM+、FM-HD、およびウェザーバンドの受信に対応します。AM (長波、中波、および短波)およびDRMの受信には、ダイレクトサンプリングとベースバンドへのデジタル変換を使用して対応します。

このデバイスは、バッファを備えたリファレンス周波数の差動出力を提供し、マルチチューナシステムに対応します。このデザインは全主要ブロックを内蔵しているため、高度なベースバンドソリューションを備えた低電力の、オンボードチューナ設計が可能です。このチューナはデジタルフィルタ処理を内蔵し、目的のチャネルを復調するためにベースバンドプロセッサで必要になるMIPSを最小限に抑えます。結果のIチャネルおよびQチャネルのデータワードは、業界標準のI2Sデジタルインタフェースを介してベースバンドに伝送されます。

MAX2175 ICは、エクスポーズドパッドを備えた48ピンTQFNパッケージ(7mm x 7mm)で提供されます。電気的性能は-40℃~+85℃の拡張温度範囲にわたって保証されます。

ビデオを見る ›

設計ソリューション:Remote Tuner Architecture Reduces Wiring Weight and Cost While Improving Noise Immunity ›

リモートチューナー技術についての詳細 ›

簡略化されたブロック図

MAX2175:ACE Award受賞製品 MAX2175:ACE Award受賞製品 Zoom icon

技術資料

データシート RF to Bits車載ラジオチューナ Jan 03, 2017

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.