MAX2165

シングルコンバージョンDVB-Hチューナ

セルラブロッキングフィルタおよびUHFトラッキングフィルタ内蔵シングルコンバージョンDVB-Hチューナ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2165は、ダイレクトコンバージョンチューナICで、携帯型のディジタルビデオ放送(DVB-H)アプリケーション用に設計されています。このチューナは、470MHz~780MHzの入力周波数範囲をカバーし、I/Qベースバンドのインタフェースを備えています。

MAX2165のダイレクトコンバージョンアーキテクチャによって、IF-SAWフィルタが不要となり、部品コストを低く抑えることが可能となります。このICは、可変利得のローノイズアンプ(LNA)、ノッチフィルタ、RFトラッキングフィルタ、直交ミキサ、パワー検出器、プログラマブルなベースバンドローパスチャネル選択フィルタ、ベースバンド可変利得アンプ(VGA)、DCオフセット補正回路、および完全なフラクショナルN周波数シンセサイザを内蔵しています。このデバイスは、2線式、I²C対応シリアルインタフェースを通してプログラミングすることができます。

MAX2165は、調整可能なノッチフィルタを備えています。このフィルタは、830MHz~950MHzの周波数範囲の干渉信号をノッチアウトし、大きいセルラ信号の存在下での動作を可能にするように設計されています。プログラマブルなベースバンドチャネル選択フィルタによって、7MHzチャネルと8MHzチャネルでの動作が可能です。ディジタルDCオフセット補正回路は、起動時間遅延を最小化することによって、時分割の動作をサポートしています。フラクショナルNシンセサイザによって、VCOロック時間が短縮され、隣接位相ノイズが最小限に抑えられるため、パワーハングリおよび位相ノイズリダクションアルゴリズムが不要となります。

MAX2165は、エクスポーズドパッド付き、5mm x 5mm x 0.8mmの小型28ピンTQFNパッケージで提供されます。このデバイスは、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証されています。

MAX2165:標準アプリケーション回路 MAX2165:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 単一電源電圧:+2.85V、消費電流:93mA (typ)
  • 平均消費電力:21mW (typ) (8%のデューティサイクルにおいて)
  • ダイレクトコンバージョンアーキテクチャによってIF-SAWフィルタが不要
  • セルラブロッカの存在に対して動作するRF調整可能なノッチフィルタ内蔵
  • DCオフセット補正回路内蔵
  • 最大-7dBmのセルラブロッカが存在する場合に動作するRFノッチフィルタ内蔵
  • 拡張UHF帯域動作
  • 5mm x 5mm x 0.8mmの28ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • DMB-T/Hポータブルデバイス
  • DVB-Hハンドヘルドレシーバ
  • DVB-Tポータブルデバイス
  • ISDB-Tレシーバ(13セグメント)

CAD Symbols and Footprints

  • MAX2165ETI+
  • MAX2165ETI+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度


    種類 ID タイトル
    リファレンス回路4174MAX2165 DMB-TH USB Dongle Reference Design
    評価ボード5474MAX2165EVKIT MAX2165の評価キット