MAX2162S

ISDB-T 1および3セグメント低IFチューナ

モバイルTV信号の受信用、優れた感度を提供しながら50dB隣接チャネル保護比を提供


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

低IFチューナICのMAX2161/MAX2162は、1および3セグメントISDB-Tアプリケーション用に設計されています。これらのデバイスは、広帯域ダウンコンバータによってVHFおよびUHF帯信号を低IFに直接変換します。動作周波数範囲は、170MHz~222MHz VHF帯(ISDB-TSB)および470MHz~770MHz UHF帯にわたっています。

MAX2161/MAX2162は、LNA、RF可変利得アンプ、ダウン変換ミキサ、パワー検出器、IF可変利得アンプ、および低IF帯域通過フィルタを内蔵しています。これらの製品は、ハイサイドまたはローサイド局部発振器(LO)の注入で動作することができます。MAX2161/MAX2162の可変利得アンプは、106dBを超える総利得制御範囲を備えています。

また、MAX2161/MAX2162は、完全周波数シンセサイザのほかに、完全モノリシックVCOおよびタンク回路も搭載しています。これらのデバイスは、32MHz~40MHzの水晶/TCXOで動作します。さらに、固定1/2分周器がXTAL/TCXO発振器に内蔵されているため、各種チャネルデコーダに簡単かつ低コストでインタフェースすることができます。

MAX2161は2線式I²C対応シリアルインタフェースを備え、またMAX2162は3線式SPI™/QSPI™/MICROWIRE™対応シリアルインタフェースを備えています。両デバイスとも、低電力スタンバイモードを備えています。このモードでは、シリアルインタフェースとレジスタ回路はアクティブ状態のままにして、信号経路全体はシャットダウンされます。また、両デバイスとも、シリアルインタフェースまたは外部ロジック端子を通じて完全にシャットダウンすることができます。

MAX2161/MAX2162は-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証され、3.275mm x 3.45mm x 0.55mmの鉛フリー、ウェハレベルパッケージ(WLP)、または6mm x 6mm x 0.8mmのエクスポーズドパッド(EP)付き40ピンTQFN、鉛フリープラスチックパッケージで提供されます。

主な特長

  • UHF (470MHz~770MHz)とVHF (170MHz~222MHz)で独立した入力
  • 1および3セグメント動作
  • 低ノイズ指数:3.9dB (typ)
  • 広いダイナミックレンジ:-98dBm~0dBm
  • ハイサイドまたはローサイドLO注入
  • VCOおよびタンク回路内蔵
  • 低LO位相ノイズ:-85dBc/Hz (10kHz、typ)
  • 周波数シンセサイザ内蔵
  • 低IF帯域通過フィルタ内蔵
  • イメージ除去:48dB (typ)
  • 単一電源電圧範囲:+2.7V~+3.3V
  • 低電力:124mW (typ)
  • 低電流シャットダウンおよびスタンバイモード
  • 2線式I²C対応(MAX2161)、または3線式SPI/QSPI/MICROWIRE対応(MAX2162)シリアル制御インタフェース
  • 3.275mm x 3.45mm x 0.55mmの小型ウェハレベルパッケージ(WLP)

アプリケーション/用途

  • 車載用ナビゲーション
  • 車載ラジオ
  • 携帯電話モバイルTV
  • 携帯情報端末(PDA)
  • ポータブルオーディオ機器
  • ポータブルTV機器

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX2162S 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度