MAX2141

低電力XM衛星ラジオレシーバ

同期データおよびオーディオアプリケーション用、完全XM衛星ラジオチューナ、消費電力は半分


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

全機能内蔵低電力レシーバのMAX2141は、XM衛星ラジオアプリケーション用に設計されています。完全なXMラジオを構築するために、MAX2141はアクティブアンテナモジュール、水晶、およびSAWフィルタのみが必要です。必要な外付け部品が少ないため、MAX2141のプラットフォームは、最小コストで最小サイズの広帯域レシーバソリューションを提供することができます。

このレシーバは、自立型RF AGCループおよびIF AGCループを内蔵しているため、92dBを超える総合ダイナミックレンジを高効率で提供します。チャネルの選択性は、SAWフィルタおよび内蔵ローパスフィルタによって実現されます。内蔵のフラクショナルNシンセサイザによって、細かな周波数ステップが可能であるため、ソフトウェアAFCループの実装が可能となります。また、リファレンスバッファがベースバンドコントローラの駆動用に提供されています。

I²Cバス対応インタフェースによって、MAX2141の設定を行い、可変利得、可変帯域幅ローパスフィルタのチューニング、および各種パワーダウンモードを提供します。

MAX2141は、XM衛星ラジオアプリケーション用のマキシムの第2世代デバイスです。MAX2141は、第1世代MAX2140のドロップイン置換となります。MAX2141は、消費電力を大幅に低減しながら、オプションの閉ループIF電力制御、スタンバイモード、高度なリファレンスバッファ、およびさらに改善されたRF利得制御精度も追加されています。

MAX2141は、-40℃~+85℃の拡張温度範囲での動作が保証され、7mm x 7mmの44ピンTQFNパッケージで提供されます。

主な特長

  • MAX2140とピン互換
  • 自立型RF AGCループ
  • 自立型IF AGCループ
  • 動作電圧範囲:+2.85V~+3.6V
  • 周波数生成を完全内蔵
  • 外付けLNAの過電流保護
  • 低電力スタンバイモード
  • 超小型44ピンTQFNパッケージ
  • 消費電力:250mW (VCC = +3.0Vの場合)

アプリケーション/用途

  • XM衛星無線
ソフトウェア
MAX2141 EVKIT software  

CAD Symbols and Footprints

  • MAX2141ETH+
  • MAX2141ETH/V+
  • MAX2141ETH/V+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度