MAX2140

全機能内蔵SDARSレシーバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

全機能内蔵レシーバのMAX2140は、衛星ディジタルオーディオ無線サービス(SDARS)用に設計されています。この製品は完全モノリシックVCOを内蔵しており、必要なのはIFのSAWとリファレンス周波数を発生する水晶振動子のみです。

完全なSDARSラジオを構成する場合、MAX2140以外に必要なのはベースバンドコントローラによって制御することができる低ノイズのアンプ(LNA)のみです。必要な外付け部品数が少ないため、MAX2140を基本とするプラットフォームは最小コストで最小サイズのSDARSソリューションとなります。

このレシーバは自立型RF AGCループとベースバンド制御IF AGCループを内蔵しているため、92dBを超える総合ダイナミックレンジが実質的に提供されます。

選局はSAWフィルタおよび内蔵モノリシックローパスフィルタによって確実に行われます。

N分数(フラクショナルN) PLLによって微小なステップで周波数を変えることができるため、AFCループの実現が可能です。さらに、リファレンスは、外付け水晶振動子と内蔵発振器を使用することができます。リファレンスバッファ出力も内蔵されています。

2線インタフェース(I²Cバス対応)では、広範囲の状態に回路をプログラムする次のような機能を提供します。
  • プログラマブルゲイン
  • ローパスフィルタのチューニング
  • 機能ブロックごとのシャットダウン
MAX2140はベースバンドコントローラに必要な要件を最小限に抑えます。補償や較正処理は不要です。この製品は、7mm x 7mmの44ピンTQFNで提供されます。
MAX2140:ブロックダイアグラム MAX2140:ブロックダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 全機能内蔵レシーバ、1個のSAWフィルタのみ必要
  • 自立型RF AGCループ
  • 差動I/Qインタフェース
  • 完全集積化周波数発生
  • 外部のローノイズアンプ用バイアス電源を内蔵
  • 過電流保護
  • 低電力スタンバイモード
  • 超小型44ピンThin QFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 2.4GHz ISM無線
  • 衛星デジタルオーディオ無線サービス(SDARS)
Part NumberApplicationsSolutionsBand/ Freq.
(MHz)
Footprint
(mm x mm)
Package/PinsBudgetary
Price
See Notes
MAX2140 
2.4GHz ISM
SDARS
Satellite
SAT2200 to 25007.0 x 7.0
TQFN/44
$8.06 @1k
全Radio Receivers (6)

Part NumberPackage/Pins
MAX2140 
See Data Sheet
全Receive System ICs (7)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。


MAX2140EVKIT: MAX2140の評価キット

CAD Symbols and Footprints

  • MAX2140ETH+
  • MAX2140ETH+CK3
  • MAX2140ETH+T
  • MAX2140ETH+TCK3
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード4167MAX2140EVKIT MAX2140の評価キット