先頭に戻る

DVB-SおよびFree to Air (無料放送)アプリケーション用、完全、ダイレクトコンバージョンチューナ

わずか330mWで低雑音指数および高リニアリティを提供する3.3V衛星チューナ

製品の詳細

主な特長

Parametric specs for TV Tuners
End Equipment DVB-S
Input Frequency (MHz) 925 to 2175
IF Output Frequency (MHz) 40
Ref. Clock Freq. (MHz) 4 to 8
Noise Figure (dB) (typ) 8
VSUPPLY (V) 3.13 to 3.47
ISUPPLY (mA) 100
Footprint (mm x mm) 5.0 x 5.0
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
2.18
非表示にする

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for TV Tuners
End Equipment DVB-S
Input Frequency (MHz) 925 to 2175
IF Output Frequency (MHz) 40
Ref. Clock Freq. (MHz) 4 to 8
Noise Figure (dB) (typ) 8
VSUPPLY (V) 3.13 to 3.47
ISUPPLY (mA) 100
Footprint (mm x mm) 5.0 x 5.0
Oper. Temp. (°C) 0 to +70
Package/Pins TQFN/28
Budgetary
Price (See Notes)
2.18

主な特長

  • 周波数範囲:925MHz~2175MHz
  • モノリシックVCO:較正が不要
  • 広いダイナミック範囲:-75dBm~0dBm
  • 4MHz~40MHzの可変BW LPフィルタ内蔵
  • 単一電源:+3.3V ±5%
  • 低電力スタンバイモード
  • マルチチューナアプリケーション用アドレスピン
  • 差動I/Qインタフェース
  • I²C対応、2線式シリアルインタフェース
  • 超小型、28ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • DirecTVおよびDish Network DBS
  • DVB-S
  • Free to Air (無料放送)
  • 双方向衛星システム
  • VSAT

説明

MAX2120は、低コストのダイレクトコンバージョンチューナICで、衛星セットトップおよびVSATアプリケーション用に設計されています。このICは、QPSK、ディジタルビデオ放送(DVB-S)、DSS、およびFree to Air (無料放送)アプリケーション用に設計されています。

MAX2120は、ブロードバンドI/Qダウンコンバータを使って、LNB (低ノイズブロック)からの衛星信号をベースバンドにじかに変換します。動作周波数範囲は、925MHz~2175MHzです。

このデバイスは、LNAおよびRF可変利得アンプ、I/Qダウン変換ミキサ、およびプログラマブルなカットオフ周波数制御とディジタル制御されたベースバンド可変利得アンプを備えたベースバンドローパスフィルタを内蔵しています。また、RFとベースバンド可変利得アンプによって、80dBを超える利得制御範囲が提供されます。このICは、ほとんどすべてのQPSK復調器と互換性があります。

MAX2120は、完全周波数シンセサイザのほかに、完全モノリシックVCOも内蔵しています。また、内蔵水晶発振器がバッファ出力とともに提供され、外付けのチューナと復調器を駆動することができます。シンセサイザの設定とデバイスの構成は、2線式シリアルインタフェースを通じて行います。このICは、VCOの自動選択(VAS)機能を備えており、適切なVCOが自動的に選択されます。マルチチューナアプリケーションでは、このデバイスは2個の2線式インタフェースアドレスのいずれかに設定することができます。リファレンス発振器、ディジタルインタフェース、およびバッファ回路をアクティブ状態に維持したままで、信号経路をシャットダウンする低電力スタンバイモードが使用可能であるため、シングルおよびマルチチューナアプリケーションでの省電力を達成することができます。

MAX2120は、現時点で利用可能なDBSチューナの中で最も先進のデバイスです。低ノイズ指数によって、外付けのLNAが不要になります。少ない受動部品数で、完全なDVB、DBS、またはVSAT RFフロントエンドソリューションを構成することができます。このチューナは、超小型の28ピンTQFNパッケージで提供されています。

簡易ブロック図

MAX2120:標準動作回路 MAX2120:標準動作回路 Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。