MAX2117

MMDSアプリケーション用、完全、ダイレクトコンバージョンチューナ

中国MMDSアプリケーション用、業界唯一のZIFチューナ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

低コストダイレクトコンバージョンチューナのMAX2117は、470MHz~1000MHz帯域のMMDS伝送の受信用に設計されています。MAX2117は、民生用セットトップボックスで使用するように設計され、大部分のDVB-S復調器に対応します。

MAX2117は、ブロードバンドI/Qダウンコンバータを使ってアンテナからのQPSK放送信号をベースバンドにダイレクト変換します。このチューナは、差動IおよびQ出力を復調器ICに提供します。

このデバイスは、LNAおよびRF可変利得アンプ、I/Qダウンコンバージョンミキサ、およびプログラマブルなカットオフ周波数制御とディジタル制御のベースバンド可変利得アンプ付きベースバンドローパスフィルタを内蔵しています。また、RFおよびベースバンド可変利得アンプは、80dBを超える利得制御範囲を備えています。このICは、ほとんどすべてのQPSK復調器に対応します。

MAX2117は、完全集積化周波数シンセサイザのほかに、完全モノリシックVCOも内蔵しています。また、水晶発振器がバッファ出力付きで内蔵されており、別のチューナと復調器を駆動することができます。シンセサイザのプログラミングとデバイス設定は、2線式シリアルインタフェースを通じて行います。このICは、VCO自動選択(VAS)機能を備えており、適切なVCOを自動的に選択します。マルチチューナアプリケーションの場合、このデバイスは2つの2線式インタフェースアドレスのいずれかに設定することができます。信号経路のシャットダウンはリファレンス発振器、ディジタルインタフェース、およびバッファ回路をアクティブに維持したままで、即座に低電力スタンバイモードが利用可能になるため、シングルおよびマルチチューナアプリケーションで省電力を実現することができます。

MAX2117は、現在利用可能なMMDSチューナの中で最も高性能なデバイスです。雑音指数が低いため、外付けのLNAは不要です。わずかの受動部品数のみで、完全なMMDSフロントエンドソリューションを構成することができます。このチューナは、超小型の28ピンTQFNパッケージで提供されます。

主な特長

  • 周波数範囲:470MHz~1000MHz
  • モノリシックVCO:較正が不要
  • 広いダイナミック範囲:-75dBm~0dBm
  • 4MHz~40MHzの可変BW LPフィルタ内蔵
  • 単一電源:+3.3V ±5%
  • 低電力スタンバイモード
  • マルチチューナアプリケーション用のアドレス端子
  • 差動I/Qインタフェース
  • I²C対応2線式シリアルインタフェース
  • 超小型28ピンTQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • MMDS

CAD Symbols and Footprints

  • MAX2117CTI+
  • MAX2117CTI+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度


    種類 ID タイトル
    評価ボード5714MAX2117EVKIT MAX2117の評価キット