MAX2105

デジタルDBSアプリケーション用、ダイレクトコンバージョンチューナIC


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2102/MAX2105*は、ディジタル直接放送衛星(DBS)テレビのセットトップボックスユニットに使用するための低コストなダイレクトコンバージョンチューナICです。ダイレクトコンバージョン回路により、IFを使用した回路に比べてシステムコストが削減されています。

MAX2102/MAX2105は、広帯域I/Qダウンコンバータを使用することにより、L帯域信号を直接ベースバンドにチューニングします。動作周波数は、少なくとも950MHz~2150MHzの範囲となっています。

このチップは、AGC付のLNA、2つのダウンコンバータミキサ、90°直交発生器およびプリスケーラ付の発振器バッファおよびベースバンドアンプを内蔵しています。

MAX2102のAGC範囲は50dBで、入力電流レベルを最低-69dBmに抑えます。MAX2105のAGC範囲は41dBで、入力電流レベルは-60dBmです。MAX2105のAGC範囲を低減することにより、高利得の外部LNAを用いてより低いシステムノイズ指数(NF)を実現します。

主な特長

  • 低コストバイポーラ設計、超低コスト構造
  • 電源:+5V単一
  • 入力周波数範囲*:950MHz~2150MHz
  • 内蔵直交ジェネレータ、デュアルモジュラスプリスケーラ(/64、/65)
  • 入力レベル:
    • キャリア当たり-69dBm~-19dBm (MAX2102)
    • キャリア当たり-60dBm~-19dBm (MAX2105)
  • AGC制御範囲:50dB以上(MAX2102)
  • ノイズ指数 = 13.2dB (MAX2102);IP3 = 6.5dBm (@1450MHz)
  • 自動ベースバンドオフセット補正
  • MAX1002/MAX1003デュアルADCおよび 汎用ベースバンドICへの簡単なインタフェース

アプリケーション/用途

  • ブロードバンドシステム
  • 携帯電話基地局
  • DBSチューナ
  • DVB準拠DBSチューナ
  • LMDS
  • ワイヤレスローカルループ(WLL)

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン
チュートリアル 2875 ノイズ指数を測定する3つの方法

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX2105 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース


MAX5871
16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

  • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
  • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
  • 高い柔軟性と設定自由度