MAX2092

700MHz~2700MHzアナログVGA、スレッショルドアラーム回路およびレベル制御用エラーアンプ内蔵

業界最高リニアリティのアナログRF VGA、アラームおよびレベル制御内蔵


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

高リニアリティのアナログ可変利得アンプ(VGA)のMAX2092は、アラーム回路内蔵のモノリシックSiGe BiCMOSアッテネータ/アンプ/エラーアンプで、700MHz~2700MHzの周波数範囲で動作する50Ωシステムとのインタフェース向けに設計されています。このデバイスは、18.1dB~-22.3dBの利得範囲、5.2dBの雑音指数、+32.5dBmのOIP3リニアリティ、および広いRF帯域幅を備えています。これらの各機能によって、このデバイスは多種多様なレシーバとトランスミッタアプリケーション用のVGAとして最適です。可変利得アップコンバータのMAX2091またはMAX2091Bと組み合わせれば、マイクロ波ポイント間トランスミッタ用の完全な2チップIF-RF信号調整ソリューションが可能です。

MAX2092は、+5Vの単一電源で動作し、エクスポーズドパッドを備えた小型20ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供されます。電気的性能は、TC = -40℃~+95℃の拡張温度範囲で保証されています。
MAX2092:標準アプリケーション回路 MAX2092:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 広帯域アナログVGAによってシステム性能を向上
    • RF周波数範囲:700MHz~2700MHz
    • 高リニアリティ
      • OIP3:+32.5dBm
      • 出力-1dB圧縮ポイント:+18.2dBm
    • 利得:18.1dB、減衰範囲:40.4dB、利得偏差:0.03dB (100MHzの全帯域幅、1835MHzの場合)
    • 雑音指数:5.2dB (アッテネータ挿入損失を含む)
  • 内蔵エラーアンプおよびアラーム回路によってALC動作を簡素化
  • パワーダウン機能によって消費電力を低減
  • エクスポーズドパッド付きパッケージで放熱およびシステム性能を向上

アプリケーション/用途

  • 携帯アプリケーション
  • 固定ブロードバンド無線アクセス
  • LTEアプリケーション
  • マイクロ波ポイント間レシーバおよびトランスミッタ
  • RF可変利得段
  • 温度補償回路
  • WiMAX®アプリケーション
  • ワイヤレスローカルループ

スペックパラメータを参照する: Variable Gain Amplifiers (VGAs) and Attenuators (VVAs) (17)


Part NumberGain ControlChannelsRF Freq.
(MHz)
RF Freq.
(MHz)
Analog Attenuation RangeGain
(dB)
Noise Figure
(dB)
OIP3
(dBm)
OIP2
(dBm)
HD2
(dBc)
HD3
(dBc)
VCC
(V)
ISUPPLY
(mA)
Footprint
(mm x mm)
Package/PinsOper. Temp.
(°C)
Budgetary
Price
minmaxmaxSee Notes
MAX2092 Analog1700270040.418.15.232.550-52-614.75 to 5.8935.0 x 5.0
TQFN/20
-40 to +95$9.20 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。
製品の信頼性レポート: MAX2092.pdf 
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース