先頭に戻る

製品の詳細

MAX2055の評価キット(EVキット)は、高リニアリティ、ディジタル制御、可変利得、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)ドライバ/アンプ(DVGA)のMAX2055の評価を容易にします。このEVキットは完全実装および出荷時試験済みです。このEVキットでは入力および出力に50Ωの標準SMAコネクタが装備されているため、テストベンチで迅速かつ容易に評価することができます。

このデータシートには、デバイスを評価するのに必要な機器リスト、機能検証のための分かりやすい試験手順、EVキットの回路図、EVキットの部品表(BOM)、およびPCBの各層ごとのアートワークが記載されています。

主な機能

  • 完全実装および試験済み
  • 周波数範囲:30MHz~300MHz
  • 可変利得範囲:-3dB~+20dB
  • 出力IP3:40dBm (70MHzで最大利得設定値の場合)
  • 2次高調波:-76dBc
  • 3次高調波:-69dBc
  • ノイズ指数:5.8dB (最大利得時)
  • 1dBの分解能で±0.2dB精度を備えるディジタル制御利得
  • 可変バイアス電流

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • ブロードバンドシステム
  • 携帯電話基地局
  • 高性能ADCドライバ
  • PHS/PASインフラストラクチャ
  • レシーバ利得制御
  • 地上波リンク

技術資料

データシート MAX2055の評価キット Feb 02, 2007
チュートリアル RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • 完全実装および試験済み
  • 周波数範囲:30MHz~300MHz
  • 可変利得範囲:-3dB~+20dB
  • 出力IP3:40dBm (70MHzで最大利得設定値の場合)
  • 2次高調波:-76dBc
  • 3次高調波:-69dBc
  • ノイズ指数:5.8dB (最大利得時)
  • 1dBの分解能で±0.2dB精度を備えるディジタル制御利得
  • 可変バイアス電流

アプリケーション/用途

  • 自動試験装置(ATE)
  • ブロードバンドシステム
  • 携帯電話基地局
  • 高性能ADCドライバ
  • PHS/PASインフラストラクチャ
  • レシーバ利得制御
  • 地上波リンク

説明

MAX2055の評価キット(EVキット)は、高リニアリティ、ディジタル制御、可変利得、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)ドライバ/アンプ(DVGA)のMAX2055の評価を容易にします。このEVキットは完全実装および出荷時試験済みです。このEVキットでは入力および出力に50Ωの標準SMAコネクタが装備されているため、テストベンチで迅速かつ容易に評価することができます。

このデータシートには、デバイスを評価するのに必要な機器リスト、機能検証のための分かりやすい試験手順、EVキットの回路図、EVキットの部品表(BOM)、およびPCBの各層ごとのアートワークが記載されています。

技術資料

データシート MAX2055の評価キット Feb 02, 2007
チュートリアル RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。