先頭に戻る

高利得ベクトル乗算器

コストを削減し、ACLRを改善する、高集積、定グループ遅延ベクトル乗算器

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Vector Modulators / Multipliers
Frequency (MHz) (min) 1740
Frequency (MHz) (max) 2060
BW (MHz) (@ -3dB) 260
Gain Control Range (±V) 15
Input IP3 (dBm) 15
VCC (V) 4.75 to 5.25
ISUPPLY (mA) 160
Footprint (mm x mm) 5.0 x 5.0
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
11.97
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Vector Modulators / Multipliers
Frequency (MHz) (min) 1740
Frequency (MHz) (max) 2060
BW (MHz) (@ -3dB) 260
Gain Control Range (±V) 15
Input IP3 (dBm) 15
VCC (V) 4.75 to 5.25
ISUPPLY (mA) 160
Footprint (mm x mm) 5.0 x 5.0
Package/Pins TQFN/32
Budgetary
Price (See Notes)
11.97

主な特長

  • 複数のRF動作周波数帯域
    • 2040MHz~2240MHz (MAX2045)
    • 1740MHz~2060MHz (MAX2046)
    • 790MHz~1005MHz (MAX2047)
  • 利得平坦性:±0.2dB
  • 位相平坦性:±1°
  • 3dB制御帯域幅:260MHz
  • 入力IP3:15dBm
  • 利得制御範囲:15dB
  • \x03位相制御範囲:連続360°
  • 全位相の最大利得:6.5dB
  • シングルエンド電圧モード動作用リファレンス内蔵
  • 消費電力:800mW
  • 省スペース、5mm x 5mmのTQFNパッケージ
  • 5V単一電源

アプリケーション/用途

  • ビーム形成アプリケーション
  • RF除去ループ
  • RF振幅および位相調整
  • UMTS/PCS/DCS/セルラ/GSM基地局のフィードフォワードおよびプリディストーションパワーアンプ

説明

低コスト、完全集積化ベクトル乗算器のMAX2045/MAX2046/MAX2047は、RF信号の大きさと位相を変更します。各デバイスは、UMTS (MAX2045)、DCS/PCS (MAX2046)、またはセルラ/GSM (MAX2047)周波数帯域に最適です。これらのデバイスは、差動RF入力/出力を備えています。

MAX2045/MAX2046/MAX2047は、差動I/Qアンプを通じてベクトルを調整します。I/Qアンプは、電圧または電流、あるいは双方のディジタル-アナログコンバータ(DAC)とインタフェースすることができます。電圧入力は電圧モードDACとのインタフェース用に、電流入力は電流モードDACとのインタフェース用に設計されています。また、シングルエンド電圧DACを使用するアプリケーション用に2.5Vリファレンス電圧を内蔵しています。これら部品は、CDMA、マルチキャリアCDMA、cdma2000®、およびWB-CDMAアプリケーションに最適です。

MAX2045/MAX2046/MAX2047は、4.75V~5.25Vの単一電源で動作します。全デバイスは、小型、5mm x 5mmの32ピンTQFNパッケージで提供されます。

MAX2045/MAX2046/MAX2047の評価キットで、設計を迅速化することができます。入手性についてはお問い合わせください。

簡易ブロック図

MAX2045、MAX2046、MAX2047:ピン配置 MAX2045、MAX2046、MAX2047:ピン配置 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。