MAX2041

高直線性、LOバッファ/スイッチ付き、1700MHz~3000MHzアップコンバージョン/ダウンコンバージョンミキサ

全機能内蔵アップ/ダウンコンバータが、7.2dBの変換損失、33.5dBmのIIP3、7.4dBのNF、および63dBcの2LO - 2RF除去を提供し、1つの受動ミキサ、1つのLOアンプ、2つのバラン、1つのLOスイッチ、および数多くのディスクリート部品と置き換わる!


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2041は高直線性のパッシブアップコンバータ/ダウンコンバータミキサであり、1700MHz~3000MHzのRF周波数範囲に対して7.4dB NFおよび7.2dBの変換損失で、UMTS/WCDMA、DCS、PCS、およびWiMAX基地局トランスミッタまたはレシーバアプリケーションをサポートするよう設計されています。IIP3は、ダウンコンバージョンおよびアップコンバージョン動作の両方とも標準で+33.5dBmです。1900MHz~3000MHzのLO周波数範囲のため、このミキサはハイサイドLOインジェクションアーキテクチャに最適です。(ローサイドLOインジェクション用のピンコンパチブルミキサについては、MAX2039を参照してください)

MAX2041は優れたリニアリティやノイズ性能を発揮するだけでなく、高水準の部品集積度も実現しています。このデバイスは、ダブルバランスパッシブミキサコア、デュアル入力LO選択可能スイッチ、およびLOバッファを内蔵しています。またバランも内蔵しているため、ダウンコンバージョン用のシングルエンドRF入力(またはアップコンバージョン用のRF出力)とシングルエンドLO入力が可能です。MAX2041は0dBmの定格LOドライブを必要とし、145mA以下の消費電流が保証されています。

MAX2041は815MHz~995MHzのミキサであるMAX2031とピンコンパチブルであるため、このパッシブアップコンバータ/ダウンコンバータのファミリは共通のPCBレイアウトを両周波数帯域に使用するアプリケーションに最適です。

MAX2041は、エクスポーズドパッド付きの20ピン小型TQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供されます。電気的性能は、-40℃~+85℃の拡張温度範囲にわたって保証されています。
MAX2041:標準アプリケーション回路 MAX2041:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • RF周波数範囲:1700MHz~3000MHz
  • LO周波数範囲:1900MHz~3000MHz
  • LO周波数範囲:1500MHz~2000MHz (MAX2039)
  • IF周波数範囲:DC~350MHz
  • 変換損失:7.2dB
  • 入力IP3:+33.5dBm
  • 入力1dB圧縮ポイント:+23.3dBm
  • ノイズ指数:7.4dB
  • LOバッファ内蔵
  • RFおよびLOバラン内蔵
  • 低LOドライブ:-3dBm~+3dBm
  • LO1~LO2間アイソレーションが43dBで、スイッチング時間が50nsのSPDT LOスイッチ内蔵
  • 815MHz~995MHzミキサのMAX2031とピンコンパチブル
  • 外付け電流設定抵抗によってミキサの電力/性能低下モード動作を選択可能
  • 鉛フリーパッケージで提供可能
  • アプリケーション/用途

    • cdmaOneおよびcdma2000®基地局
    • DCS 1800/PCS 1900 EDGE基地局
    • デジタルおよびスペクトラム拡散通信システム
    • 固定ブロードバンド無線アクセス
    • マイクロ波リンク
    • 軍事用システム
    • PHS/PAS基地局
    • プリディストーションレシーバ
    • 個人用携帯無線機
    • UMTS/WCDMA基地局
    • WiMAX基地局および顧客宅内機器
    • ワイヤレスローカルループ
    Part NumberChannelsRF Freq.
    (MHz)
    RF Freq.
    (MHz)
    LO Freq.
    (MHz)
    LO Freq.
    (MHz)
    IF Freq.
    (MHz)
    IF Freq.
    (MHz)
    Gain
    (dB)
    Input IP3
    (dBm)
    Noise Figure
    (dB)
    2RF-2LO/ 2LO-2RF
    (dBc)
    VCC
    (V)
    5V Supply Current
    (mA)
    Footprint
    (mm x mm)
    Package/Pins
    minmaxminmaxminmax
    MAX2041 117003000190030000350-7.134.57.3634.75 to 5.251045.0 x 5.0
    See Data Sheet
    全Downconverter Mixers (32)

    Part NumberGain
    (dB)
    Input IP3
    (dBm)
    LO +/-2IF
    (dBc)
    LO +/-3IF
    (dBc)
    LO Leakage at RF
    (dBm)
    Output Noise Floor
    (dBm/Hz)
    Package/Pins
    MAX2041 -7.333.56572-17.5-160
    See Data Sheet
    全Upconverter Mixers (14)
    価格についての注:
    このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。


    MAX2041EVKIT: MAX2041の評価キット

    技術資料

    チュートリアル 5300 RFの基本
    チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン
    アプリケーションノート 4647 ワイヤレス基地局用ハイリニアリティミキサの選定

    品質および環境データ

    製品の信頼性レポート: MAX2041.pdf 
    鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

    CAD Symbols and Footprints

  • MAX20419ATGB/V+
  • MAX20419ATGC/V+
  • MAX20419ATGD/V+
  • MAX20419ATGE/V+
  • MAX20419ATGF/V+
  • MAX2041ETP
  • MAX2041ETP+
  • MAX2041ETP+T
  • MAX2041ETP-T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度


    種類 ID PDF タイトル
    チュートリアル 5300 RFの基本
    チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン
    アプリケーションノート 4647 ワイヤレス基地局用ハイリニアリティミキサの選定
    種類 ID タイトル
    評価ボード5214MAX2041EVKIT MAX2041の評価キット