MAX2022

高ダイナミックレンジ、ダイレクトアップ/ダウンコンバージョン1500MHz~3000MHz直交変調器/復調器

4キャリアWCDMA Txを可能にする高リニアリティ、超低ノイズ2GHz ZIF変調器


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

低ノイズ、高リニアリティ、ダイレクトコンバージョン、直交変調器/復調器のMAX2022は、シングルおよびマルチキャリア、1500MHz~3000MHzのUMTS/WCDMA、LTE/TD-LTE、cdma2000®、およびDCS/PCS基地局アプリケーション用に設計されています。ダイレクトコンバージョンアーキテクチャは従来のIFベースのダブルコンバージョンシステムに比べ、トランスミッタ/レシーバのコスト、部品点数、および消費電力を大幅に削減する点で有利です。

MAX2022は優れたリニアリティやノイズ性能を備えるだけでなく、高水準の部品集積度も実現しています。このデバイスは、同相および直交信号を変調/復調する2つの整合されたパッシブミキサ、3つのLOミキサアンプドライバ、およびLO直交スプリッタを内蔵しています。また、シングルエンドRFおよびLO接続を可能にするバランも内蔵しています。追加機能として、送信DACへの直接接続を可能にするためにベースバンド入力が整合されているため、高コストのI/Qバッファアンプは不要です。

MAX2022は+5Vの単一電源で動作します。この製品は、エクスポーズドパッド付きの小型36ピンTQFNパッケージ(6mm x 6mm)で提供されます。電気的性能は、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で保証されています。
MAX2022:標準アプリケーション回路 MAX2022:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • RF周波数範囲:1500MHz~3000MHz
  • LO周波数範囲:1500MHz~3000MHz
  • スケーラブルパワー:外付け電流設定抵抗が低電力/低性能モード動作のオプションを提供
  • 小型パッケージで高アイソレーションを実現する36ピンTQFN (6mm x 6mm)
  • 変調器動作(2140MHz):
    • 4キャリアのWCDMA 65dBc ACLRに適合
    • OIP3:23.3dBm (typ)
    • OIP2:51.5dBm (typ)
    • 側波帯抑制:45.7dBc (typ)
    • LOリーク:-40dBm (typ)
    • -173.2dBm/Hz (typ)の出力ノイズ、RF出力フィルタ不要
    • ブロードバンドベースバンド入力
    • DC結合入力によって直接接続のDACインタフェースが実現し、高コストのI/Qバッファアンプが不要
  • 復調器動作(1890MHz):
    • IIP3:39dBm (typ)
    • IIP2:58dBm (typ)
    • 変換損失:9.2dB (typ)
    • NF:9.4dB (typ)

アプリケーション/用途

  • デジタルおよびスペクトラム拡散通信システム
  • 固定ブロードバンド無線アクセス
  • マイクロ波リンク
  • 軍事用システム
  • PHS/PAS基地局
  • プリディストーショントランスミッタ
  • 個人用携帯無線機(PMR)
  • シングルおよびマルチキャリアcdmaOneおよびcdma2000®基地局
  • シングルおよびマルチキャリアDCS 1800/PCS 1900 EDGE基地局
  • シングルおよびマルチキャリアWCDMA/UMTS、およびLTE/TDLTE基地局
  • ワイヤレスローカルループ(WLL)
Part NumberBand/ Freq.
(MHz)
Footprint
(mm x mm)
Budgetary
Price
See Notes
MAX2022 1500 to 30006.0 x 6.0$6.23 @1k
全I/Q Demodulators (3)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

Part NumberFreq.
(MHz)
Freq.
(MHz)
Package/Pins
minmax
MAX2022 15003000
TQFN/36
全I/Q Modulators (3)


MAX2022EVKIT: MAX2022の評価キット

ツールおよびモデル

  • MAX2022ガーバーファイル
  • CAD Symbols and Footprints

  • MAX2022ETX
  • MAX2022ETX+
  • MAX2022ETX+D
  • MAX2022ETX+T
  • MAX2022ETX+TD
  • MAX2022ETX-T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度


    種類 ID タイトル
    評価ボード5335MAX2022EVKIT MAX2022の評価キット