先頭に戻る

500MHz~1100MHz可変RFプリディストータ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for RF Predistortion ICs
Frequency Range (MHz) 500 to 1100
PA Architecture Open Loop
VSUPPLY (V) 5
Footprint (mm x mm) 5.0 x 5.0
Package/Pins TQFN/28
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
13.36
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for RF Predistortion ICs
Frequency Range (MHz) 500 to 1100
PA Architecture Open Loop
VSUPPLY (V) 5
Footprint (mm x mm) 5.0 x 5.0
Package/Pins TQFN/28
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
13.36

主な特長

  • 最大12dBまでのACPRの向上*
  • 利得および位相の伸張を個別に制御
  • 利得の伸張:最大6dB
  • 位相の伸張:最大21°
  • 周波数範囲:500MHz~1100MHz
  • 優れた利得および位相の平坦性
  • 群遅延:2.4ns以下(利得および位相セクションの組合せ)
  • 群遅延リップル(100MHz帯域):±0.03ns
  • 最大+23dBmの入力駆動を処理可能
  • 温度変動補償を内蔵
  • 単一電源:+5V
  • 低消費電力:75mW (typ)
  • 小型、28ピンTQFNパッケージに完全集積
*性能は、アンプ、バイアス、および変調に依存します。

アプリケーション/用途

  • cdma2000®、GSM/EDGE、およびiDEN®基地局
  • デジタルベースバンド・プリディストーションアーキテクチャ
  • フィードフォワードPAアーキテクチャ
  • 軍事用アプリケーション

説明

MAX2010は調整可能なRFプリディストータで、パワーアンプ(PA)チェーンに利得および位相の伸張を導入して、PAの利得および位相の圧縮を補償することによって、PAの隣接チャネル電力比(ACPR)を向上するように設計されています。+23dBmの最大入力パワーレベルと広い調整可能範囲によって、MAX2010は、500MHz~1100MHzの周波数帯域で動作するパワーアンプのACPRを最大12dB向上することができます。このICの姉妹品であるMAX2009を使うと、さらに高い周波数で動作させることができます。

MAX2010は、入力パワーの増大時に最大6dBの利得と21°の位相を伸張するという点で、ユニークな製品です。以下の2つの独立した制御セットによって、伸張量を設定することができます。第1のセットでは利得伸張のブレークポイントとスロープを調整し、第2のセットでは位相の同様のパラメータを制御します。これらの設定を適切に行うと、線形化回路を固定のSet-and-Forgetモードで動作させたり、またはリアルタイムのソフトウェア制御の歪み補正でより高度な閉ループ構成を採用することができます。シンプルなルックアップ表を使って、ハイブリッド補正モードでPAの温度ドリフトやPAの負荷などのファクタを補償することもできます。

MAX2010はエクスポーズドパッド(EP)付き28ピンTQFNパッケージ(5mm x 5mm)で提供され、拡張温度範囲(-40℃~+85℃)での動作が保証されています。

簡易ブロック図

MAX2010:標準アプリケーション回路 MAX2010:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。