先頭に戻る

LOバッファ/スイッチ内蔵、デュアルSiGe、高リニアリティ、高利得、700MHz~1000MHzダウンコンバージョンミキサ

WCDMA、CDMA、LTE、WiMAX、およびGSM基地局用、優れたIP3、NF、および2LO - 2RF性能、超低ノイズ、超高リニアリティ700MHz~1000MHzデュアルSiGeミキサ

製品の詳細

高リニアリティ、デュアルチャネルダウンコンバージョンミキサMAX19985Aは、約8.7dBの利得、+25.5dBmのIIP3、および9.0dBのノイズ指数を提供するように設計されており、700MHz~1000MHzのダイバーシティ受信機アプリケーションに最適です。このミキサは、LO周波数範囲が900MHz~1300MHzに最適化されており、セルラ帯域や新しい700MHz帯域におけるハイサイドLOインジェクションアーキテクチャに最適です。ローサイドLOインジェクションは、MAX19985によってサポートされています。MAX19985は、MAX19985Aとピンおよび機能互換です。

優れたリニアリティとノイズ性能を備えていることに加えて、MAX19985Aは、高レベルの部品集積度も実現しています。このデバイスは、2つの二重平衡型パッシブミキサコア、2つのLOバッファ、デュアル入力LO選択可能スイッチ、およびペアの差動IF出力アンプを内蔵しています。シングルエンドRFとLO入力にも対応することができるようオンチップでバランも内蔵されています。

MAX19985Aは、公称0dBmのLOドライブを必要とし、標準消費電流は、VCC = +5.0Vにおいて330mA、VCC = +3.3Vにおいて280mAです。

MAX19985/MAX19985Aは、1700MHz~2200MHzのMAX19995/MAX19995Aシリーズのミキサとピンコンパチブルであり、また1850MHz~3800MHzのMAX19997A/MAX19999シリーズのミキサと類似ピン配置であるため、このダウンコンバータファミリ全体は、複数の周波数帯域にわたって共通のPCBレイアウトを使用するアプリケーションに最適です。

MAX19985Aは、エクスポーズドパッド付きの36ピンTQFNパッケージ(6mm x 6mm)で提供されます。電気的性能は、TC = -40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作が保証されています。

主な機能

  • RF周波数範囲:700MHz~1000MHz
  • LO周波数範囲:900MHz~1300MHz
  • IF周波数範囲:50MHz~500MHz
  • 変換利得:8.7dB (typ)
  • ノイズ指数:9.0dB (typ)
  • 入力IP3:+25.5dBm (typ)
  • 入力1dB圧縮ポイント:+12.6dBm (typ)
  • 2LO-2RFスプリアス除去:76dBc (typ) (PRF = -10dBmの場合)
  • ダイバーシティ受信機アプリケーションに最適なデュアルチャネル
  • チャネル間アイソレーション:48dB (typ)
  • 低LOドライブ:-3dBm~+3dBm
  • LOバッファ内蔵
  • RFおよびLOバラン内蔵でシングルエンド入力に対応
  • LO1-LO2間アイソレーション46dBで、スイッチング時間50nsのSPDT LOスイッチ内蔵
  • 1700MHz~2200MHzのMAX19995/MAX19995Aシリーズのミキサとピンコンパチブル
  • 1850MHz~3800MHzのMAX19997A/MAX19999シリーズのミキサとピンが類似
  • +5.0Vまたは+3.3Vの単一電源
  • 外付け電流設定抵抗によって低電力/低性能モードでのデバイス動作も可能

アプリケーション/用途

  • 700MHz LTE/WiMAX基地局
  • 850MHz WCDMAおよびcdma2000®基地局
  • 固定ブロードバンド無線アクセス
  • GSM850/900 2Gおよび2.5G EDGE基地局
  • iDEN®基地局
  • 軍事用システム
  • 個人用携帯無線機
  • ワイヤレスローカルループ
Parametric specs for Downconverter Mixers
# Channels 2
RF Freq. (MHz) (min) 700
RF Freq. (MHz) (max) 1000
LO Frequency (MHz) (min) 900
LO Frequency (MHz) (max) 1300
IF Frequency (MHz) (min) 50
IF Frequency (MHz) (max) 500
Gain (dB) 8.7
Input IP3 (dBm) 25.5
Noise Figure (dB) 9
2RF-2LO/ 2LO-2RF (dBc) 76
VCC (V) 3.0 to 5.25
3.3V Supply Current (mA) 280
5V Supply Current (mA) 330
Footprint (mm x mm) 6.0 x 6.0
Package/Pins TQFN/36
Budgetary
Price (See Notes)
$12.66 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX19985A:標準アプリケーション回路 MAX19985A:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Downconverter Mixers
# Channels 2
RF Freq. (MHz) (min) 700
RF Freq. (MHz) (max) 1000
LO Frequency (MHz) (min) 900
LO Frequency (MHz) (max) 1300
IF Frequency (MHz) (min) 50
IF Frequency (MHz) (max) 500
Gain (dB) 8.7
Input IP3 (dBm) 25.5
Noise Figure (dB) 9
2RF-2LO/ 2LO-2RF (dBc) 76
VCC (V) 3.0 to 5.25
3.3V Supply Current (mA) 280
5V Supply Current (mA) 330
Footprint (mm x mm) 6.0 x 6.0
Package/Pins TQFN/36
Budgetary
Price (See Notes)
$12.66 @1k

主な機能

  • RF周波数範囲:700MHz~1000MHz
  • LO周波数範囲:900MHz~1300MHz
  • IF周波数範囲:50MHz~500MHz
  • 変換利得:8.7dB (typ)
  • ノイズ指数:9.0dB (typ)
  • 入力IP3:+25.5dBm (typ)
  • 入力1dB圧縮ポイント:+12.6dBm (typ)
  • 2LO-2RFスプリアス除去:76dBc (typ) (PRF = -10dBmの場合)
  • ダイバーシティ受信機アプリケーションに最適なデュアルチャネル
  • チャネル間アイソレーション:48dB (typ)
  • 低LOドライブ:-3dBm~+3dBm
  • LOバッファ内蔵
  • RFおよびLOバラン内蔵でシングルエンド入力に対応
  • LO1-LO2間アイソレーション46dBで、スイッチング時間50nsのSPDT LOスイッチ内蔵
  • 1700MHz~2200MHzのMAX19995/MAX19995Aシリーズのミキサとピンコンパチブル
  • 1850MHz~3800MHzのMAX19997A/MAX19999シリーズのミキサとピンが類似
  • +5.0Vまたは+3.3Vの単一電源
  • 外付け電流設定抵抗によって低電力/低性能モードでのデバイス動作も可能

アプリケーション/用途

  • 700MHz LTE/WiMAX基地局
  • 850MHz WCDMAおよびcdma2000®基地局
  • 固定ブロードバンド無線アクセス
  • GSM850/900 2Gおよび2.5G EDGE基地局
  • iDEN®基地局
  • 軍事用システム
  • 個人用携帯無線機
  • ワイヤレスローカルループ

説明

高リニアリティ、デュアルチャネルダウンコンバージョンミキサMAX19985Aは、約8.7dBの利得、+25.5dBmのIIP3、および9.0dBのノイズ指数を提供するように設計されており、700MHz~1000MHzのダイバーシティ受信機アプリケーションに最適です。このミキサは、LO周波数範囲が900MHz~1300MHzに最適化されており、セルラ帯域や新しい700MHz帯域におけるハイサイドLOインジェクションアーキテクチャに最適です。ローサイドLOインジェクションは、MAX19985によってサポートされています。MAX19985は、MAX19985Aとピンおよび機能互換です。

優れたリニアリティとノイズ性能を備えていることに加えて、MAX19985Aは、高レベルの部品集積度も実現しています。このデバイスは、2つの二重平衡型パッシブミキサコア、2つのLOバッファ、デュアル入力LO選択可能スイッチ、およびペアの差動IF出力アンプを内蔵しています。シングルエンドRFとLO入力にも対応することができるようオンチップでバランも内蔵されています。

MAX19985Aは、公称0dBmのLOドライブを必要とし、標準消費電流は、VCC = +5.0Vにおいて330mA、VCC = +3.3Vにおいて280mAです。

MAX19985/MAX19985Aは、1700MHz~2200MHzのMAX19995/MAX19995Aシリーズのミキサとピンコンパチブルであり、また1850MHz~3800MHzのMAX19997A/MAX19999シリーズのミキサと類似ピン配置であるため、このダウンコンバータファミリ全体は、複数の周波数帯域にわたって共通のPCBレイアウトを使用するアプリケーションに最適です。

MAX19985Aは、エクスポーズドパッド付きの36ピンTQFNパッケージ(6mm x 6mm)で提供されます。電気的性能は、TC = -40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作が保証されています。

簡略化されたブロック図

MAX19985A:標準アプリケーション回路 MAX19985A:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。