MAX19792

500MHz~4000MHzデュアルアナログ電圧可変アッテネータ、10ビットSPI制御DAC内蔵

46dBのリニア制御ダイナミックレンジと優れた減衰平坦性を備えた高性能RF VVA


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

デュアル、汎用アナログ電圧可変アッテネータ(VVA)のMAX19792は、500MHz~4000MHzの周波数範囲で動作する50Ωシステムとインタフェースするように設計されています。このデバイスには、8.5dB/Vの標準的なリニア制御スロープで23.2dBの減衰範囲を提供する特許取得済みの制御回路が内蔵されています。

両方のアッテネータが共通のアナログ制御を共有しており、カスケード接続することによって46.4dBの総減衰範囲を実現することが可能で、組み合わせ時のリニア制御スロープは17dB/V (5V動作)になります。

あるいは、両方のアッテネータを制御するために、内蔵の4線式SPI制御10ビットDACを使用することができます。また、ステップアップ/ダウン機能によって、SPIインタフェースを再プログラムせずに、ユーザーによる設定が可能なアッテネータのコマンドパルスをステップ実行することができます。

MAX19792は、マキシム独自のSiGe BiCMOSプロセスの1つを使用して設計されたモノリシックデバイスです。この製品は、+5Vまたは+3.3Vの単一電源で動作します。このデバイスは、エクスポーズドパッドを備えた小型36ピンTQFNパッケージ(6mm x 6mm x 0.8mm)で提供されます。電気的性能は、-40℃~+100℃の拡張温度範囲で保証されています。
MAX19792:標準アプリケーション回路 MAX19792:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 広帯域カバレッジ
    • RF周波数範囲:500MHz~4000MHz
  • 高リニアリティ
    • IIP3:+37.9dBm以上(全減衰範囲)
    • 入力P1dB:+22.7dBm
  • 2個のアナログアッテネータを1つのモノリシックデバイスに集積化
  • 2つの簡便な制御オプション
    • 単一アナログ電圧
    • 内蔵SPI制御10ビットDAC
  • ステップアップ/ダウンパルスコマンド入力
  • 柔軟な減衰量制御範囲
    • 23.2dB (アッテネータ当り)
    • 46.4dB (両方のアッテネータをカスケード時)
  • リニアなdB/Vのアナログ制御応答曲線によって自動レベル制御とゲイントリムのアルゴリズムが簡素化
  • 広い周波数範囲および減衰量設定にわたる優れた減衰平坦性
  • コンパレータ内蔵(アッテネータ制御電圧の逐次比較測定用)
  • 低消費電流:13mA
  • 単一電源電圧:5Vまたは3.3V
  • MAX19791およびMAX19793とピンコンパチブル
  • MAX19794とピンコンパチブル(2つのシャントコンデンサの追加必要)
  • MAX19790とPCBコンパチブル
  • 鉛(Pb)フリーパッケージ

アプリケーション/用途

  • 自動レベル制御(ALC)
  • ワイヤレスインフラストラクチャのデジタルおよびスペクトラム拡散通信システムなどのブロードバンドシステムアプリケーション
  • 汎用試験装置
  • ラインアップゲイントリム
  • マイクロ波ポイント間システム
  • レシーバ利得制御
  • 温度補償回路
  • トランスミッタ利得制御
  • VSAT/衛星モデム
  • WCDMA/LTE、TD-SCDMA/TD-LTE、WiMAX®、cdma2000®、GSM/EDGEおよびMMDS基地局
Part NumberGain Cntl.ChannelsRF Freq.
(MHz)
RF Freq.
(MHz)
Analog Attenuation RangeDigital Attenuation Range
(dB)
Gain
(dB)
HD2
(dBc)
HD3
(dBc)
VCC
(V)
ISUPPLY
(mA)
Footprint
(mm x mm)
Package/PinsOper. Temp.
(°C)
Budgetary
Price
minmaxmaxSee Notes
MAX19792 Analog + Digital
1
2
500400046.446.4-5.2-73.4-101.7
3.15 to 3.45
4.75 to 5.25
136.0 x 6.0
TQFN/36
-40 to +100$150.00 @1
全RF and IF Variable Gain Amplifiers (17)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

技術資料

チュートリアル 5100 RFおよびミックスドシグナルPCBレイアウトの一般的ガイドライン

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX19792 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX19792ETX+
  • MAX19792ETX+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース


    MAX5871
    16ビット、5.9Gsps補間および変調RF DAC、JESD204Bインタフェース内蔵

    • RF設計を簡素化し新しいワイヤレス通信アーキテクチャを実現
    • ダイレクトRF合成:帯域幅600MHz、最大2.8GHz
    • 高い柔軟性と設定自由度