先頭に戻る

1575MHz GPSフロントエンドアンプ

小型パッケージに低ノイズGPSアンプを2つ内蔵

製品詳細

MAX12000はGPSフロントエンドアンプICで、車載および船舶用GPS衛星ナビゲーションアンテナモジュールまたはGPSアンテナからレシーバまでのケーブル損失を補償する必要があるアプリケーション用に設計されています。2つの無条件に安定した低ノイズアンプ段は高利得とI/Oマッチングを備えているため、必要となるマッチング用外付け部品は最小限となり、利得段の追加が不要になります。MAX12000には2つのアンプ段の間に帯域通過型セラミックまたはSAWフィルタを配置するオプションがあり、狭帯域出力を提供し、GPSレシーバのノイズ性能をさらに向上します。また、各アプリケーション間のケーブル損失変動を補償する3.4dBの利得ステップも用意されます。

MAX12000は、34.8dB (typ)のカスケード利得および25mAの消費電流で、1575MHzのGPS周波数で動作するように設計されています。2個のLNA段によって、広範囲のGPSフィルタタイプを使用し、システム設計の柔軟性を最大にすることができます。GPSレシーバまでのケーブルを駆動する最後のRF出力端子は、+3.0V~+5.5Vの範囲のDC電源を受け付ける電源接続部でもあります。その代わりに、DC電源をピン4に印加することもできます。

このGPSフロントエンドアンプは低ノイズ、先進のSiGeプロセスで設計され、鉛フリーの10ピンTDFN表面実装パッケージ(3mm x 3mm)で提供されます。

主な機能

  • 第1アンプのノイズ指数*:1.0dB
  • 高利得**:34.8dB
  • 3.4dBの利得ステップ
  • 50Ωの出力マッチング内蔵
  • 電源電圧範囲:3.0V~5.5V
  • 小型、低コストパッケージ(3mm x 3mm)
  • ±1kVのヒューマンボディモデルまでESD保護

アプリケーション/用途

  • 船舶用GPSレシーバ
Parametric specs for Low Noise Amplifiers
RF Freq. (MHz) (min) 1575
RF Freq. (MHz) (max) 1575
Gain (dB) 34.8
Noise Figure (dB) 1
Input IP3 (dBm) -12
OIP3 (dBm) 5.8
ISUPPLY (mA) 25
Footprint (mm x mm) 3.0 x 3.0
Package/Pins TDFN/10
Budgetary
Price (See Notes)
$2.06 @1k
View More

簡略化されたブロック図

MAX12000:標準動作回路 MAX12000:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

Parametric specs for Low Noise Amplifiers
RF Freq. (MHz) (min) 1575
RF Freq. (MHz) (max) 1575
Gain (dB) 34.8
Noise Figure (dB) 1
Input IP3 (dBm) -12
OIP3 (dBm) 5.8
ISUPPLY (mA) 25
Footprint (mm x mm) 3.0 x 3.0
Package/Pins TDFN/10
Budgetary
Price (See Notes)
$2.06 @1k

主な機能

  • 第1アンプのノイズ指数*:1.0dB
  • 高利得**:34.8dB
  • 3.4dBの利得ステップ
  • 50Ωの出力マッチング内蔵
  • 電源電圧範囲:3.0V~5.5V
  • 小型、低コストパッケージ(3mm x 3mm)
  • ±1kVのヒューマンボディモデルまでESD保護

アプリケーション/用途

  • 船舶用GPSレシーバ

説明

MAX12000はGPSフロントエンドアンプICで、車載および船舶用GPS衛星ナビゲーションアンテナモジュールまたはGPSアンテナからレシーバまでのケーブル損失を補償する必要があるアプリケーション用に設計されています。2つの無条件に安定した低ノイズアンプ段は高利得とI/Oマッチングを備えているため、必要となるマッチング用外付け部品は最小限となり、利得段の追加が不要になります。MAX12000には2つのアンプ段の間に帯域通過型セラミックまたはSAWフィルタを配置するオプションがあり、狭帯域出力を提供し、GPSレシーバのノイズ性能をさらに向上します。また、各アプリケーション間のケーブル損失変動を補償する3.4dBの利得ステップも用意されます。

MAX12000は、34.8dB (typ)のカスケード利得および25mAの消費電流で、1575MHzのGPS周波数で動作するように設計されています。2個のLNA段によって、広範囲のGPSフィルタタイプを使用し、システム設計の柔軟性を最大にすることができます。GPSレシーバまでのケーブルを駆動する最後のRF出力端子は、+3.0V~+5.5Vの範囲のDC電源を受け付ける電源接続部でもあります。その代わりに、DC電源をピン4に印加することもできます。

このGPSフロントエンドアンプは低ノイズ、先進のSiGeプロセスで設計され、鉛フリーの10ピンTDFN表面実装パッケージ(3mm x 3mm)で提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX12000:標準動作回路 MAX12000:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.