先頭に戻る
/content/maximintegrated/ja/products/comms/wireless-rf

高集積ワイヤレスおよび無線周波数(RF) ICは、拡張IoT、スマート技術、および通信市場用の接続用ビルディングブロックです。コネクテッドデバイスは現代生活の焦点になっており、マキシムの高性能ソリューションは重要なワイヤレス、モバイル、車載、およびケーブル設計に対応します。マキシムの広範なポートフォリオは、パワーアンプ、RFトランシーバ、RFレシーバ、RFトランスミッタ、ローノイズアンプ(LNA)、および広範なRFミキサなどの高性能ビルディングブロックICでこれらの市場に対応します。

ローノイズアンプ(LNA)

ローノイズアンプは、定義された周波数帯域内の無線周波情報信号を増幅します。

RFミキサおよびベクトル乗算器

マキシムのミキサのポートフォリオは、ワイヤレスおよびケーブルインフラストラクチャ用に特別に設計された40以上のコアを擁する、業界で最も広範な製品ラインです。

RFトランシーバ、レシーバ、およびトランスミッタ

マキシムは、ワイヤレスおよび有線通信アプリケーションの要件の厳しいニーズに適合する、高性能の集積化RFトランシーバ、レシーバ、およびトランスミッタを提供しています。

高速データコンバータ

マキシムの高速データコンバータは、通信、データ収集、またはテストおよび測定アプリケーションに必要な性能、電力、およびサイズの優位性を提供します。

RFプリディストータ

マキシムの高利得ベクトル乗算器(最大2.24GHz)と調整可能なRFプリディストーションIC (最大2.5GHz)は、ワイヤレスおよび基地局アプリケーションに最適です。

注目のビデオ


MAX34417の評価キットの紹介
6:26 November 27, 2018


SC1905EVKITまたはSC1894EVKITのEEPROMの内容破損を修復する方法
5:22 January 23, 2020


ワイヤレス伝送用の誤り訂正符号(ECC)を実装する方法
4:42 December 03, 2020



注目の技術資料

人気の技術資料を見る:

技術資料

*必須

Technical Documentation

技術資料

表示: 10 / 先頭に戻る 100 結果 全て表示 結果

型番 タイトル 複数選択 日時

最新ブログ

Extend the battery life of your vehicle tracker/asset tracker/IoT device 10-fold with Maxim’s ultra-low power GPS solution

September 15, 2020

Full ultra-low power GPS solution using the MAX2769C GNSS L1 receiver, and the MAX32632 ARM Cortex M4 microcontroller

現在と将来の自動車の安全性/インフォテイメントを進化させる

April 30, 2020

今から10年後も空飛ぶ自動車は実現しないでしょうが、将来の自動車はよりコネクテッドで自律的になると思われます。自動運転車のシートに座って作業テーブルを引き出し、ラップトップにログインしてひと仕事するのを想像してみてください。

Intelligent Buildings Get Smarter and Smarter

December 05, 2019

The Salesforce Tower has an intelligent, building automation technology. Learn how AI helped create a smarter and more environmentally sound building.

What Can You Create with Frequency Synthesizers?

November 12, 2019

Read this short blog post to learn how the phase-locked loop achieves variable frequency synthesis, and understand why frequency synthesizers are ubiquitous.

Tips for Choosing Precise, Power-Efficient GNSS Receivers for Location-Based Applications

April 23, 2019

Some location-based applications prioritize precision while for others, power efficiency is key. Get tips to choose the right GNSS receiver IC.

ELIV 2017: Learn Ways to Design Safer, Smarter Cars

September 28, 2017

Meet with Maxim at ELIV 2017 to learn about the latest automotive ICs for designing safer, smarter cars.

How Medical Wearables Enhance Quality of Life

September 26, 2017

New technologies are giving us new ways to manage medical conditions. See what two companies have created with Maxim ICs to enhance quality of life.

SDR Baseband Processing—Flexibly and Cost-Effectively

July 26, 2017

Learn how a new stand-alone front-end tuner lets you realize the full potential of software-defined radio (SDR).

Simplify Vehicle Head Unit Design with Maxim’s Radio Tuner Solution

February 13, 2017

Automotive remote tuner solution reduces cables inside vehicles, lowering cost and improving mileage and radio performance.

注目製品

MAX19794EVKIT Evaluation Kit for the MAX19794

The MAX19794 evaluation kit (EV kit) simplifies the evaluation of the MAX19794. The MAX19794 dua...

MAX2175R1EVKIT RF to Bits車載ラジオチューナMAX2175の評価キット

MAX2175の評価キット(EVキット)は、RF to Bits®車載ラジオチューナのMAX2175の性能の評価に使用します。このEVキットは2つのチューナの使用をサポートし、ダイバーシティア...
  • 全信号経路および受信モードの評価が可能
  • デュアルチューナによってデュアルチューナ固有の機能の評価が可能
  • カスタムDSPインタフェースによってDSP評価プラットフォームとの接続が可能
  • ロジックアナライザインタフェースによって接続を簡素化
  • MATLAB®デシリアライザ機能によって評価を簡素化
  • MAX2175 GUIを使用するチューナのUSBレジスタ制御
  • 全帯域の入力フィルタによって現実的なテスト環境を作成
  • 実証済みPCBレイアウト
  • 完全実装および試験済み

SC1894 225MHz~3800MHz RFパワーアンプリニアライザ(RFPAL)

SC1894は、前世代の補正および機能の向上を提供する第3世代RF PAリニアライザ(RFPAL)です。SC1894は、多種多様なアンプ、電力レベル、および通信プロトコル用に最適化された、完全...
  • 標準CMOSのRFin/RFout PAリニアライザSoC
    • 完全適応型補正
    • 性能向上:最大28dB ACLRおよび38dB IMD
  • 外部リファレンスクロックをサポート:
    • 10、13、15.36、19.2、20、26、および30.72MHz
  • 低消費電力:
    • デューティサイクル(9%)フィードバック:600mW
    • 完全適応:1200mW
  • 周波数範囲:225MHz~3800MHz
  • 入力信号帯域幅:1.2MHz~75MHz
  • QFNパッケージ(9mm x 9mm)で提供
  • 動作ケース温度:-40℃~+100℃
  • 完全RoHS準拠、環境に優しい素材
  • SC1887/69/89と下位互換
  • デュアルRFパワー測定

MAX11947 4 Channel AISG Integrated Transceiver

The MAX11947 is an AISG v2.0 and v3.0-compliant, fully integrated modem with a 4:1 multiplexer f...

SC1905 698MHz~3800MHz RFパワーアンプリニアライザ(RFPAL)

SC1905は、一般的なRF PAリニアライザ(RFPAL)のSC1894のピンコンパチブルアップグレードで、最大100MHzの信号帯域幅に対応します。SC1905は、多種多様なアンプ、電力レ...
  • 標準CMOSのRFin/RFout PAリニアライザSoC
    • 完全適応型補正
  • 外部リファレンスクロック対応:
    • 10MHz、13MHz、15.36MHz、19.2MHz、20MHz、26MHz、および30.72MHz
  • 低消費電力:1280mW
  • 周波数範囲:698MHz~3800MHz
  • 入力信号帯域幅:5MHz~100MHz
  • QFNパッケージ(9mm × 9mm)に実装
  • 動作ケース温度:-40℃~+105℃
  • RoHS完全準拠、環境に優しい素材
  • 使いやすさ
    • 集積型RFin/RFoutソリューション
    • SW開発を削減
  • システム消費電力およびOPEXを削減
  • BOMコスト、面積、および総体積を削減
    • より小型の電源、ヒートシンク、および筐体
    • 小型実装サイズ:6.5cm2以下

SC2200 デュアルRFパワーアンプリニアライザ(RFPAL)

SC2200は、従来の世代より高い集積度と機能性を提供する、第4世代のRF PAリニアライザ(RFPAL)ファミリに属します。このデバイスはデュアルパスリニアライザで、広範なアンプ、パワーレベ...
  • 使いやすさ
    • 集積型RFIN/RFOUTソリューション
  • 総システム形状の小型化(24mm x 26mm)
  • システム消費電力およびOPEXを低減
  • BOMコストおよび総体積を削減
    • 電源、ヒートシンク、および筐体を小型化
    • バックオフの低減によってトランジスタのコストを削減
  • 周波数範囲:698MHz~2700MHz
  • プリアンプおよびシングルエンドRF I/O内蔵
  • 単一電源電圧:+1.8V
  • 外部リファレンスクロックをサポート:
    • 10、13、15.36、19.2、20、26、および30.72MHz
  • SAWN QFNパッケージ(11mm x 11mm)で提供
  • 動作ケース温度:-40℃~+100℃
  • RoHS、Green、REACH、およびISO9001準拠
  • デュアルパスRFIN/RFOUTリニアライザをCMOS SoCに実装
  • 完全適応型補正
  • 性能向上:最大28dB ACLRおよび38dB IMD (1)
  • 1.2MHz < BWSIG ≤ 60MHz
  • 消費電力:
    • デューティサイクル(10%)フィードバック:1500mW (デュアルパス)
    • 100%適応:1.95W (デュアルパス)

MAX19791 50MHz~4000MHzデュアルアナログ電圧可変アッテネータ、10ビットSPI制御DAC内蔵

デュアル汎用アナログ電圧可変アッテネータ(VVA)のMAX19791は、50MHz~4000MHzの周波数範囲で動作する50Ωシステムとインタフェースするように設計されています。このデバイスは...
  • 広帯域カバレッジ
    • RF周波数範囲:50MHz~4000MHz
  • 高リニアリティ
    • IIP3:+37.4dBm以上(全減衰範囲)
    • 入力P1dB:+22.6dBm
  • 2個のアナログアッテネータを1つのモノリシックデバイスに集積化
  • 2つの簡便な制御オプション
    • 単一アナログ電圧
    • 内蔵SPI制御10ビットDAC
  • ステップアップ/ステップダウンパルスコマンド入力
  • 柔軟な減衰量制御範囲
    • 23dB (アッテネータ当り)
    • 46dB (両方のアッテネータをカスケード接続時)
  • リニアなdB/Vのアナログ制御応答曲線によって自動レベル制御とゲイントリムのアルゴリズムが簡素化
  • 広い周波数範囲と減衰量設定にわたる優れた減衰平坦性
  • コンパレータ内蔵(アッテネータ制御電圧の逐次比較測定用)
  • 低消費電流:13mA
  • 単一電源電圧:5Vまたは3.3V
  • MAX19792およびMAX19793とピンコンパチブル
  • MAX19794とピンコンパチブル(2つのシャントコンデンサの追加が必要)
  • MAX19790とPCBコンパチブル
  • 鉛(Pb)フリーパッケージ

MAX19794 10MHz~500MHzデュアルアナログ電圧可変アッテネータ、10ビットSPI制御DAC内蔵

デュアル、汎用アナログ電圧可変アッテネータ(VVA)のMAX19794は、10MHz~500MHzの周波数範囲で動作する50Ωシステムとインタフェースするように設計されています。このデバイスに...
  • 広帯域カバレッジ
    • RF周波数範囲:10MHz~500MHz
  • 高リニアリティ
    • IIP3:+34.4dBm以上(全減衰範囲)
    • 入力P1dB:+21.8dBm
  • 2個のアナログアッテネータを1つのモノリシックデバイスに集積化
  • 2つの簡便な制御オプション
    • 単一アナログ電圧
    • 内蔵SPI制御10ビットDAC
  • ステップアップ/ダウンパルスコマンド入力
  • 柔軟な減衰量制御範囲
    • 22.4dB (アッテネータ当り)
    • 44.7dB (両方のアッテネータをカスケード時)
  • リニアなdB/Vのアナログ制御応答曲線によって自動レベル制御とゲイントリムのアルゴリズムが簡素化
  • 広い周波数範囲および減衰量設定にわたる優れた減衰平坦性
  • コンパレータ内蔵(アッテネータ制御電圧の逐次比較測定用)
  • 低消費電流:13mA
  • 単一電源電圧:+5Vまたは3.3V
  • MAX19791、MAX19792、およびMAX19793と類似ピン配置
  • 鉛フリーパッケージ

MAX2181A FM車載ローノイズアンプ

MAX2181Aは、車載FMおよびFMダイバーシティのアクティブアンテナアプリケーションに最適な高集積FM可変利得ローノイズアンプです。このデバイスはFM信号経路を備え、30dBの利得範囲を提...
  • 電源電圧:+5V
  • AGC機能の内蔵によって外付けPINダイオードが不要
  • 広ダイナミックレンジ
  • 低ノイズ:ノイズ指数3dB以下
  • 少ない外付け部品
  • 小型パッケージ(3mm x 3mm TQFN)
  • パワーディテクタ内蔵
データシートをダウンロード Evaluation Kit

MAX2181 FM車載ローノイズアンプ

MAX2181は、車載FMおよびFMダイバーシティのアクティブアンテナアプリケーションに最適な高集積FM可変利得ローノイズアンプです。このデバイスはFM信号経路を備え、30dBの利得範囲を提供...
  • 電源電圧範囲:+6V~+24V
  • AGC機能の内蔵によって外付けPINダイオードが不要
  • 広ダイナミックレンジ
  • 低ノイズ:ノイズ指数3dB以下
  • 少ない外付けBOM
  • 熱保護内蔵
  • 小型パッケージ(3mm x 3mm TQFN)
  • パスデバイスおよびリニアレギュレータ内蔵
  • パワーディテクタ内蔵
  • アンテナ検出内蔵
データシートをダウンロード Evaluation Kit

リファレンスデザイン

Product Image

MAX2769CEVKIT

完全プログラマブル、シングルチップで、GPS、GLONASS、およびGalileoシステムに対応。