MAX2986

高集積パワーラインデジタルトランシーバ

最新CMOS設計技術を使用して高性能とフレキシビリティを提供する、初のプログラム可能な電力線トランシーバチップセット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

この製品は新規設計用に推奨されていません。新規設計用の代替デバイスはMAX2982です。

パワーライントランシーバのMAX2986は最新のCMOS設計技術を用いて最高レベルの性能とフレキシビリティを提供します。この高集積設計では、メディアアクセス制御層(MAC)と物理層(PHY)とがシングルチップで組み合わされています。MAX2986のディジタルベースバンドとその対となるデバイスであるアナログフロントエンド(AFE)のMAX2980は、サードパーティHomePlug® 1.0デバイスと完全に互換性のある高速電力線通信ソリューションを提供します。

ディジタルトランシーバのMAX2986は、最高14Mbpsの適用データ速度を持つマキシムの高性能OFDM電力線エンジンを使用しています。MAX2986のオープンアーキテクチャによってMACにおける幅広いプログラム性、機能向上性能、および改善された試験性が実現され最高の性能が得られます。従ってこのデバイスは、ローカルエリアネットワーク(LAN)、オーディオ、音声、ホームオートメーション、工業用オートメーション、およびBroadband Over Powerline (BPL)、スペクトル形成およびトーンノッチング性能といったアプリケーション向けであり、さまざまな地域の規制機関に従う比類なきレベルの柔軟性を提供します。マキシムの修正OFDM技術によって、任意に送信された信号の電力スペクトル密度の形成は、いかなる希望の副搬送波セットをも受け入れ、いかなる希望しない周波数ロケーションにもスペクトルヌルを置くことができます。MAX2986の自動チャネル適応および干渉除去機能によって卓越した性能が保証されます。プライバシーは、キー管理付きの56ビットDES暗号によって提供されます。

MAX2986は、IEEE® 802.03規格Media Independent Interface (MII)、Reduced Media Independent Interface (rMII)、バッファ付きFIFOデータ通信、IEEE 802.03規格に対応する10/100 Ethernet MAC、またはUSB 1.1インタフェースで動作します。これらのインタフェースによってMAX2986は、さまざまな情報アプライアンスで使用できるように、ほぼすべてのデータ通信デバイスとセットにすることができます。

主な特長

  • シングルチップ電力線ネットワーキングトランシーバ
  • データレート:最高14Mbps
  • 周波数帯域:4.49MHz~20.7MHz
  • アップグレード/プログラム可能なMAC
    • 帯域幅およびノッチング性能を含んだスペクトル形成
    • プログラム可能なプリアンブル
    • アプリケーションプロトコルインタフェース(API)へのアクセス
    • 内蔵SRAM:128kB
  • JTAGインタフェース
  • 大型ブリッジテーブル:最高512アドレス
  • セキュアな通信用、キー管理付き56ビットDES暗号
  • 高性能ナローバンド干渉除去回路
  • OFDMベースのPHY
    • 84搬送波
    • 自動チャネル適応
    • FEC (前方誤り補正)
    • DQPSK、DBPSK、ROBO
  • オンチップインタフェース
    • 10/100イーサネット
    • USB 1.1
    • MII/rMII/FIFO
  • HomePlug 1.0規格に対応

アプリケーション/用途

  • Broadband over Powerline
  • ホームオートメーション
  • 産業用オートメーション
  • ローカルエリアネットワーク(LAN)
  • Multimedia over Powerline
  • 遠隔監視および制御
  • セキュリティおよび安全
  • Voice over Powerline

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX2986.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX2986CXE+D
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース