MAX2980

パワーライン通信アナログフロントエンドトランシーバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX2980はパワーライン通信アナログフロントエンド(AFE)集積回路(IC)で、高性能と低コストを実現する最先端CMOSデバイスです。この高集積設計は、アナログ-ディジタルコンバータ(ADC)、ディジタル-アナログコンバータ(DAC)、信号調整、およびラインドライバを統合しています。MAX2980はこれまで必要とされたシステム部品を大幅に削減しながら、サードパーティのHomePlug®デバイスと互換性があります。このデバイスはディジタルトランシーバのMAX2986とインタフェースし、完全なパワーライン通信ソリューションを提供します。

MAX2980の先進設計によって、外部制御なしで動作が可能で、各種HomePlug Digital PHY ICとの簡易接続を可能にします。各種制御信号を用いて、追加の電力節減方式を利用することができます。

MAX2980は民生用温度範囲(0℃~+70℃)での動作が保証されており、64ピンTQFPパッケージで提供されます。
MAX2980:標準動作回路 MAX2980:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 完全集積化ラインドライバおよびレシーバ
  • Digital PHY ICとのシームレスなインタフェース
  • 50MHzサンプリング付き、10ビットADCおよびDAC内蔵
  • 適応型利得制御:54dB
  • 低い最小ラインインピーダンス性能:10Ω
  • I/O:3.0V~3.6V
  • 250mA (Rxモード)および/または160mA (Txモード) (3.3V時)
  • 64ピンTQFPパッケージ

アプリケーション/用途

  • Audio over Powerline
  • ブロードバンドアクセス(ラストマイル)
  • ローカルエリアネットワーク(LAN)
  • 電力線-DSLブリッジ
  • 電力線-イーサネットブリッジ
  • 電力線-USBブリッジ
  • 電力線-WiFiブリッジ
  • 遠隔監視および制御
  • セキュリティ
  • Voice over Powerline

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX2980.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX2980CCB+D
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース