電力線通信(PLC)

電力線通信技術は、既存の電力線上で通信することによってインフラストラクチャコストとメンテナンスコストを最小限に抑えます。PLC技術は、無線通信を妨害するビル、丘陵、地下室などの障害物を通る新しい通信経路の作成を不要にします。

マキシムの柔軟な、シングルチップ電力線通信モデムは、堅牢な動作を提供し、G3-PLC、IEEE® P1901.2、ITU G.9903、PRIMEなどの複数の市場、およびCENELEC、FCC、ARIBなどの複数の周波数帯に対応する設定が可能です。

マキシムのデジタルベースバンドICと、ラインドライバ内蔵のコンパニオンアナログフロントエンド(AFE)は、産業アプリケーション用の完全な高速電力線広帯域通信ソリューションを提供します。

ソリューション

メーターおよび測定 ›

デザインパートナー

マキシムのデザインパートナーは、電力線通信モジュールを迅速にコスト効率良く作成するためのエキスパートサービスを提供します。

さらに詳しく

G3-PLCアライアンス ›

リソース

MAX79356
ZENOフレキシブル狭帯域OFDM電力線通信モデム、集積化アナログフロントエンド内蔵

  • すべての規格と周波数帯域に対応してR&D投資と開発時間を削減
  • MAC/PHY用512KBフラッシュと288KB RAM内蔵のデュアル32ビットRISCプロセッサを備えた柔軟なシステムアーキテクチャによって、進化を続ける規格に対応
  • 効率良いBOMによって競争力あるモデムの構築が可能

種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 5676 An Overview, History, and Formation of IEEE P1901.2 for Narrowband OFDM PLC
アプリケーションノート 5409 Mesh Networking Extends a PLC Network to Thousands of Meters
アプリケーションノート 5347 電力線通信による街路照明の自動化