先頭に戻る

プログラム可能なスペクトラム拡散およびDCバランス付き、21ビットデシリアライザ

デジタルビデオアプリケーションにおけるEMIを低減する、スペクトラム拡散付き、全機能内蔵デシリアライザ

製品の詳細

主な特長

簡易ブロック図

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

主な特長

  • スペクトラム拡散出力は±4%、±2%、またはOFFを設定可能で、EMIを低減
  • DCバランスまたは非DCバランスモードを設定可能
  • DCバランスによってAC結合を実現し、入力コモンモード電圧範囲を拡大
  • スペクトラム拡散はDCバランスまたは非DCバランスモードで動作
  • 高出力ドライブ(MAX9254)
  • オーバサンプリングによりπ/4ゆがみ補正(MAX9242/MAX9244/MAX9254)
  • 16MHz~34MHz (DCバランス)および20MHz~40MHz (非DCバランス)動作(MAX9242/MAX9244/MAX9254)
  • 6MHz~18MHz (DCバランス)および8MHz~20MHz (非DCバランス)動作(MAX9246)
  • 立上りエッジ(MAX9242)または立下りエッジ(MAX9244/MAX9246/MAX9254)出力ストローブ
  • アクティブローPWRDWNをローにすると、ハイインピーダンス出力になるため、出力をバスにすることが可能
  • 独立した出力電源によって、+1.8V、+2.5V、+3.3V、および+5Vロジックとのインタフェースが可能
  • LVDS入力は、±30kVのエアギャップ放電と±6kVの接触放電でISO 10605 ESD保護に適合
  • LVDS入力は、±15kVのエアギャップ放電と±8kVの接触放電でIEC 61000-4-2レベル4 ESD保護に適合
  • LVDS入力はANSI TIA/EIA-644規格に準拠
  • メイン電源:+3.3V

アプリケーション/用途

  • 車載DVDエンタテイメントシステム
  • 車載用ナビゲーションシステム
  • デジタルコピー機
  • レーザプリンタ

説明

MAX9242/MAX9244/MAX9246/MAX9254は、3つのLVDSシリアルデータ入力を21個のシングルエンドLVCMOS/LVTTL出力に非シリアル化します。独立したパラレルレートLVDSクロックは、非シリアル化用のタイミングを供給します。MAX9242/MAX9244/MAX9246/MAX9254はスペクトラム拡散機能を備えているため、出力データとクロック周波数が指定した範囲にわたって拡散し、EMIを低減します。シングルエンドデータとクロック出力を±2%と±4%の周波数拡散、または拡散なしに設定することができます。またMAX9242/MAX9244/MAX9246/MAX9254が非DCバランスモードで動作している場合も、スペクトラム拡散機能を利用可能です。拡散の変調速度は33MHz LVDSクロック入力の場合は32kHzで、周波数とともにリニアにスケーリングします。シングルエンド出力は独立した電源電圧を供給し、+1.8V~+5Vの出力ロジックレベルが可能です。

MAX9254はデータおよびクロック出力両方のための高出力駆動電流を備えておりコンデンサ重負荷時における高速遷移時間が実現します。

MAX9242/MAX9244/MAX9246/MAX9254はプログラマブルなDCバランスを備え、AC結合によってシリアライザとデシリアライザを分離することができます。MAX9242/MAX9244/MAX9246/MAX9254はシリアライザのMAX9209/MAX9213と共に動作し、立上りエッジストローブ(MAX9242)または立下りエッジストローブ(MAX9244/MAX9246/MAX9254)で利用可能です。LVDS入力は、エアギャップ放電定格が±30kV、接触放電定格が±6kVのISO 10605 ESD規格に適合しています。

簡易ブロック図

MAX9242、MAX9244、MAX9246、MAX9254:ファンクションダイアグラム MAX9242、MAX9244、MAX9246、MAX9254:ファンクションダイアグラム Zoom icon

Technical Docs

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。