MAX3983

クワッド、銅ケーブル信号コンディショナ

4x銅InfiniBandおよび10Gbase-Cx4イーサネットリンクを補償、24AWGで20mのスパン、28AWGで15mのスパンを実現、2.5Gbps~3.2Gbpsクワッド、銅ケーブル信号コンディショナ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3983は、2.5Gbps~3.2Gbpsで動作するクワッド銅ケーブル信号コンディショナです。このデバイスは、4x銅線InfiniBand®および10Gbase-CX4 Ethernetリンクを補償し、24AWGで20mのスパン、28AWGで15mのスパンが可能です。ケーブルドライバセクションは、選択可能な4つのプリエンファシスレベルを備えています。ケーブルドライバの入力は、最大0.5mのFR4回路基板マテリアルを補償します。ケーブルレシーバセクションは追加の固定入力等化を備え、最大0.5mのFR-4回路基板を駆動するために、選択可能なプリエンファシスを備えています。

MAX3983は8個の全入力での信号検出と、診断テストを実現する内蔵ループバックも備えています。このデバイスは10mm x 10mmの68ピンQFNパッケージで提供され、0℃~+85℃で動作します。
MAX3983:標準アプリケーション回路 MAX3983:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • リンク機能
    • 24AWGで20m、28AWGで15mのスパン
    • 各ホストで0.5mスパンのFR4
    • 総消費電力:1.6W (3.3V電源)
    • ループバック機能
  • ケーブルドライバ機能
    • 選択可能な出力プリエンファシス
    • FR4入力等化
    • チャネルごとの信号検出
    • 出力ディセーブル
  • ケーブルレシーバ機能
    • 選択可能なFR4出力プリエンファシス
    • ケーブル入力等化
    • チャネルごとの信号検出
    • 出力ディセーブル

アプリケーション/用途

  • 10GファイバチャネルXAUI (4 x 3.1875Gbps)
  • 10Gbase-CX4イーサネット(4 x 3.125Gbps)
  • 4x銅線ケーブルまたはバックプレーン伝送(1Gbps~3.2Gbps)
  • 4x InfiniBand® (4 x 2.5Gbps)

CAD Symbols and Footprints

  • MAX3983UGK+D
  • MAX3983UGK+TD
  • MAX3983UGK-D
  • MAX3983UGK-TD
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース