先頭に戻る

SFP銅ケーブルプリエンファシスドライバ

製品の詳細

MAX3982は、1Gbps~4.25Gbpsで動作するシングルチャネルの銅ケーブルプリエンファシスドライバです。MAX3982は、4.25Gbpsファイバチャネルなどの銅リンクのための補償を行うことによって、24AWGで最大15mの伝送距離を実現します。このケーブルドライバは、4つのプリエンファシスレベルを選択可能です。入力は、4.25GbpsにおいてFR4回路基板で最大10インチまで補償します。

MAX3982は、SFP準拠のロスオブシグナル(LOS)検出を備え、感度とTX_DISABLEを選択可能です。出力振幅が選択可能であるため、EMIや消費電力を低減することができます。MAX3982は、3mm x 3mmの16ピン薄型QFNパッケージで提供され、0℃~+85℃の温度範囲で動作します。

主な機能

  • 24AWGケーブルで最大15mまで駆動
  • FR4で最大30インチを駆動
  • +3.3V電源で0.25Wの消費電力
  • 1600mVP-Pまたは1200mVP-Pの差動出力振幅を選択可能
  • 出力プリエンファシスを選択可能
  • 固定の入力イコライゼーション
  • 感度を選択可能なロスオブシグナル(LOS)検出
  • 送信ディセーブル

アプリケーション/用途

  • 1.0625Gbps、2.125Gbps、および4.25Gbpsファイバチャネル
  • 1.25Gbpsイーサネット
  • 2.488Gbps STM16
  • バックプレーン
  • InfiniBand
  • PCI Express®
  • SFPアクティブ銅ケーブルアッセンブリ

簡略化されたブロック図

MAX3982:標準動作回路 MAX3982:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX3982の評価キット(EVキット)は、SFP銅ケーブルプリエンファシスドライバMAX3982の電気的評価を提供する実装済みデモボードです。全制御入力はジャンパにより調整可能で、LOSはテストポイントを通して利用できます。

詳細を見る

特長

  • 完全実装および試験済み
  • 動作モードの選択が容易
  • /jp/design/design-tools/ee-sim.html?

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

    パラメーター

    主な機能

    • 24AWGケーブルで最大15mまで駆動
    • FR4で最大30インチを駆動
    • +3.3V電源で0.25Wの消費電力
    • 1600mVP-Pまたは1200mVP-Pの差動出力振幅を選択可能
    • 出力プリエンファシスを選択可能
    • 固定の入力イコライゼーション
    • 感度を選択可能なロスオブシグナル(LOS)検出
    • 送信ディセーブル

    アプリケーション/用途

    • 1.0625Gbps、2.125Gbps、および4.25Gbpsファイバチャネル
    • 1.25Gbpsイーサネット
    • 2.488Gbps STM16
    • バックプレーン
    • InfiniBand
    • PCI Express®
    • SFPアクティブ銅ケーブルアッセンブリ

    説明

    MAX3982は、1Gbps~4.25Gbpsで動作するシングルチャネルの銅ケーブルプリエンファシスドライバです。MAX3982は、4.25Gbpsファイバチャネルなどの銅リンクのための補償を行うことによって、24AWGで最大15mの伝送距離を実現します。このケーブルドライバは、4つのプリエンファシスレベルを選択可能です。入力は、4.25GbpsにおいてFR4回路基板で最大10インチまで補償します。

    MAX3982は、SFP準拠のロスオブシグナル(LOS)検出を備え、感度とTX_DISABLEを選択可能です。出力振幅が選択可能であるため、EMIや消費電力を低減することができます。MAX3982は、3mm x 3mmの16ピン薄型QFNパッケージで提供され、0℃~+85℃の温度範囲で動作します。

    簡略化されたブロック図

    MAX3982:標準動作回路 MAX3982:標準動作回路 Zoom icon

    技術資料

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。