MAX3982

SFP銅ケーブルプリエンファシスドライバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3982は、1Gbps~4.25Gbpsで動作するシングルチャネルの銅ケーブルプリエンファシスドライバです。MAX3982は、4.25Gbpsファイバチャネルなどの銅リンクのための補償を行うことによって、24AWGで最大15mの伝送距離を実現します。このケーブルドライバは、4つのプリエンファシスレベルを選択可能です。入力は、4.25GbpsにおいてFR4回路基板で最大10インチまで補償します。

MAX3982は、SFP準拠のロスオブシグナル(LOS)検出を備え、感度とTX_DISABLEを選択可能です。出力振幅が選択可能であるため、EMIや消費電力を低減することができます。MAX3982は、3mm x 3mmの16ピン薄型QFNパッケージで提供され、0℃~+85℃の温度範囲で動作します。
MAX3982:標準動作回路 MAX3982:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 24AWGケーブルで最大15mまで駆動
  • FR4で最大30インチを駆動
  • +3.3V電源で0.25Wの消費電力
  • 1600mVP-Pまたは1200mVP-Pの差動出力振幅を選択可能
  • 出力プリエンファシスを選択可能
  • 固定の入力イコライゼーション
  • 感度を選択可能なロスオブシグナル(LOS)検出
  • 送信ディセーブル

アプリケーション/用途

  • 1.0625Gbps、2.125Gbps、および4.25Gbpsファイバチャネル
  • 1.25Gbpsイーサネット
  • 2.488Gbps STM16
  • バックプレーン
  • InfiniBand
  • PCI Express®
  • SFPアクティブ銅ケーブルアッセンブリ

MAX3982EVKIT: MAX3982の評価キット

技術資料

アプリケーションノート 3834 HFTA-13.0:低EMI放射のための外部ケーブルの設計
アプリケーションノート 3766 HFTA-12.0:高速双方向シリアル通信モジュールでのクロストークペナルティの測定

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3982.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

その他リソース

トップマークコード MAX3982

CAD Symbols and Footprints

  • MAX3982UTE+
  • MAX3982UTE+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード4464MAX3982EVKIT MAX3982の評価キット