先頭に戻る

200Mbps SFPリミティングアンプ

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Limiting Amplifiers
Target Oper. Range (Gbps) <1
Data Rate (Mbps) (max) 200
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 22
I/O Type PECL
Input Sens. (mV) 1
LOS Sens. (mV) (min) 2.7
Edge Speed (ps) (max) 800
Package/Pins TQFN/20
Budgetary
Price (See Notes)
2.37
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

データシート 200Mbps SFPリミティングアンプ Jan 19, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Limiting Amplifiers
Target Oper. Range (Gbps) <1
Data Rate (Mbps) (max) 200
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 22
I/O Type PECL
Input Sens. (mV) 1
LOS Sens. (mV) (min) 2.7
Edge Speed (ps) (max) 800
Package/Pins TQFN/20
Budgetary
Price (See Notes)
2.37

主な特長

  • 入力感度:1mVP-P
  • プログラマブルスレッショルドによるロスオブシグナル検出器
  • LOSはTTL形式、信号検出はPECL形式で出力
  • アナログ受信信号強度インジケータ
  • 出力スケルチ機能
  • 4B/5Bのデータコーディングに対応

アプリケーション/用途

  • 155Mbps LAN ATMトランシーバ
  • ESCONレシーバ
  • 高速イーサネット/FDDIトランシーバ
  • FTTxトランシーバ
  • SFF/SFPトランシーバ

説明

PECLデータ出力を備えたリミティングアンプのMAX3969は、低コストATM、高速イーサネット、FDDI、およびESCON光ファイバレシーバに最適です。

MAX3969は、1mVP-P の入力感度を備え入力信号パワーを検出するパワー検出器を内蔵しています。この製品は、パワーレベルをアナログ表示する受信信号強度インジケータ(RSSI)を備えています。また、信号強度は、コンプリメンタリTTLロスオブシグナル(LOS)出力およびPECL信号検出(SD)出力によって、いずれもプログラマブルスレッショルドを基準とするパワーレベルとして表示されます。

このスレッショルドは、2.7mVP-P という低い信号振幅を検出することができるように調整可能です。オプションのスケルチ機能は、信号が設定スレッショルドよりも低いとき、データ出力を既知の状態に保持することによってこの出力のスイッチングをディセーブルします。

MAX3969は、ダイ形態および4mm x 4mmの20ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡易ブロック図

MAX3969:ファンクションダイアグラム MAX3969:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 200Mbps SFPリミティングアンプ Jan 19, 2005

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。