先頭に戻る

製品の詳細

MAX3967は、最高270Mbpsのデータレートで動作する光ファイバトランスミッタ用のプログラマブルLEDドライバです。この製品は、温度係数をプログラム可能な高速電流ドライバ、LEDプリバイアス電圧の調整機能、およびディセーブル機能を内蔵しています。この製品は、PECLデータ入力を受け取り、+2.97V~+5.5Vの単一電源で動作します。

このSFP LEDドライバは、標準的な高速発光ダイオードに最大100mAを流すことができます。温度が上昇すると、この製品の変調電流はプログラム可能な2,500ppm/℃~12,000ppm/℃の温度係数に従って増加します。この変調電流は、1個の外付け抵抗器で設定されます。

MAX3967のLEDプリバイアス電圧は、400mV~925mVの範囲で設定することができます。プリバイアス回路は、LEDのスイッチング速度を改善するピーキング電流を生成します。

相補電流出力は、電源電流を一定に保つことに役立ち、トランスミッタモジュールが発生するEMIと電源ノイズを低減します。MAX3967は、ダイ形態、または4mm x 4mmの24ピンTQFNパッケージで提供されます。

主な機能

  • SFP対応のためのTX_DISABLE
  • 単一電源:+2.97V~+5.5V
  • 調整可能な温度補償
  • 調整可能な変調電流
  • 相補出力による電源ノイズの低減
  • LEDプリバイアス電圧の調整可能
  • 24ピンQFNまたはチップで提供

アプリケーション/用途

  • 155Mbps LAN ATMトランシーバ
  • ESCONレシーバ
  • 高速イーサネット/FDDI
  • マルチモードLEDトランスミッタ
  • SFPトランシーバ

簡略化されたブロック図

MAX3967:ファンクションダイアグラム MAX3967:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 270Mbps SFP LEDドライバ Jan 19, 2005

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • SFP対応のためのTX_DISABLE
  • 単一電源:+2.97V~+5.5V
  • 調整可能な温度補償
  • 調整可能な変調電流
  • 相補出力による電源ノイズの低減
  • LEDプリバイアス電圧の調整可能
  • 24ピンQFNまたはチップで提供

アプリケーション/用途

  • 155Mbps LAN ATMトランシーバ
  • ESCONレシーバ
  • 高速イーサネット/FDDI
  • マルチモードLEDトランスミッタ
  • SFPトランシーバ

説明

MAX3967は、最高270Mbpsのデータレートで動作する光ファイバトランスミッタ用のプログラマブルLEDドライバです。この製品は、温度係数をプログラム可能な高速電流ドライバ、LEDプリバイアス電圧の調整機能、およびディセーブル機能を内蔵しています。この製品は、PECLデータ入力を受け取り、+2.97V~+5.5Vの単一電源で動作します。

このSFP LEDドライバは、標準的な高速発光ダイオードに最大100mAを流すことができます。温度が上昇すると、この製品の変調電流はプログラム可能な2,500ppm/℃~12,000ppm/℃の温度係数に従って増加します。この変調電流は、1個の外付け抵抗器で設定されます。

MAX3967のLEDプリバイアス電圧は、400mV~925mVの範囲で設定することができます。プリバイアス回路は、LEDのスイッチング速度を改善するピーキング電流を生成します。

相補電流出力は、電源電流を一定に保つことに役立ち、トランスミッタモジュールが発生するEMIと電源ノイズを低減します。MAX3967は、ダイ形態、または4mm x 4mmの24ピンTQFNパッケージで提供されます。

簡略化されたブロック図

MAX3967:ファンクションダイアグラム MAX3967:ファンクションダイアグラム Zoom icon

技術資料

データシート 270Mbps SFP LEDドライバ Jan 19, 2005

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。