先頭に戻る

11.32Gbpsトランシーバ、デュアルCDR、デジタルモニタ、およびDC結合レーザドライバ内蔵

1W SFP+ Sonet OC-192アプリケーションを実現

製品の詳細

主な特長

アプリケーション/用途

Parametric specs for Optical Transceivers
Applications 10G Ethernet
Fibre Channel
SFP+
SONET/SDH
Target Oper. Range (Gbps) 1.25 to 11.3
Data Rate (Mbps) (min) 9950
Data Rate (Mbps) (max) 11300
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 165
I/O Type CML
IMOD (mA) (max) 85
IBIAS (mA) (max) 100
Package/Pins TQFN/32
Oper. Temp. (°C) -40 to +95
Budgetary
Price (See Notes)
$13.13 @1k
全て表示する

簡易ブロック図

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。

パラメーター

Parametric specs for Optical Transceivers
Applications 10G Ethernet
Fibre Channel
SFP+
SONET/SDH
Target Oper. Range (Gbps) 1.25 to 11.3
Data Rate (Mbps) (min) 9950
Data Rate (Mbps) (max) 11300
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 165
I/O Type CML
IMOD (mA) (max) 85
IBIAS (mA) (max) 100
Package/Pins TQFN/32
Oper. Temp. (°C) -40 to +95
Budgetary
Price (See Notes)
$13.13 @1k

主な特長

    高性能
    • 7MHzのPLL帯域幅設定でSONETジッタ要件を上回るデュアルCDR
    • ICの消費電力:540mW (typ、ILD_MOD = 45mA、IBIAS = 45mA、両方のCDRがイネーブル時)
    柔軟性
    • 独立した、リファレンスなしのTxおよびRx CDR
    • 受信および送信経路用のパターンジェネレータ
    • 信号ループバック経路
    • 設定可能なTx入力イコライゼーションとRx出力デエンファシス
    • 11.3GbpsトランシーバのMAX3956とピンコンパチブル
    セーフティと監視
    • マスク可能なフォルトと割込み信号生成を備えたアイセーフティ機能内蔵
    • アナログモニタ:12ビットADC内蔵、デジタル専用µCでSFF-8472 DDMに完全対応
    • 高精度の温度、VCC、およびRSSIモニタ
    • BADCの汎用の補助ADC入力

アプリケーション/用途

  • OC-192 XFPおよびSFP+光トランシーバ

説明

MAX3955は、次世代SONET伝送システム向けに設計されたデュアルCDR、およびデジタル診断監視(DDM)機能内蔵の、11.3Gbps、高集積、低電力トランシーバです。レシーバは、ロスオブシグナル(LOS)回路を備えたリミティングアンプを内蔵しています。このリミティングアンプは、独立した9.95Gbps~11.32Gbps CDRを備えています。トランスミッタは、マキシム独自のDC結合レーザドライバインタフェース、独立した9.95Gbps~11.32Gbps CDR、および平均レーザパワーのクローズドループ制御を備えています。

MAX3955は、Rx入力、Rx出力、およびTx入力において50Ω終端を内蔵した差動AC結合信号をサポートしています。Tx出力は、レーザアノード(TOUTA)とレーザカソード(TOUTC)のための専用端子を備えたDC結合の25Ωレーザダイオードインタフェースです。

内部/外部温度、VCC、および受信信号強度表示(RSSI)のデジタルモニタを提供するために、内蔵の12ビットアナログ-デジタルコンバータ(ADC)が利用されています。MAX3955のアナログモニタとともに2線式または3線式スレーブインタフェースの使用によって、デジタル専用マイクロコントローラ(µC)、またはSFP+コントローラのDS1978 (開発中の製品)から設定可能になります。

MAX3955は、+3.3Vの単一電源によって-40℃~+95℃の温度範囲で動作し、標準32ピンTQFN-EPパッケージ(5mm x 5mm)で提供されます。

簡易ブロック図

MAX3955:簡易ブロックダイアグラム MAX3955:簡易ブロックダイアグラム Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

技術質問への回答についてはナレッジベースで検索ください。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご利用ください。