MAX3930

10.7Gbps、レーザダイオードドライバ

超低ジッタの低電力10.7Gbpsレーザドライバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3930/MAX3931/MAX3932は、最高10.7Gbpsのデータレートでレーザダイオードを直接変調するよう設計されたレーザダイオードドライバです。これらの製品は可変レーザバイアスおよび変調電流を提供し、マキシム独自の第二世代SiGeプロセス技術を導入しています。

MAX3930は、差動CMLクロック信号およびデータ入力信号を受け付け、50Ωの内蔵終端レジスタを備えています。また、標準(20%~80%)の25ps立上がり時間で1mA~100mAのレーザバイアス電流および20mA~100mAの変調電流を供給します。クロック信号が使用可能な場合は、入力データリタイミングラッチを使用して入力パターン依存ジッタを除去できます。

MAX3931/MAX3932は、MAX3930に対してパッド配置を置換えたものです。MAX3931はチップ上に直列ダンピング抵抗RDが備わっています。

MAX3930/MAX3931/MAX3932には可変パルス幅制御回路も備わっており、レーザパルス幅歪みを最小限に抑えます。
MAX3930、MAX3931、MAX3932:標準アプリケーション回路 MAX3930、MAX3931、MAX3932:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 電源:+5Vまたは-5.2V単一
  • 消費電流:108mA
  • データレート:10.7Gbps (max)
  • 内蔵入力終端レジスタ:50Ω
  • プログラマブル変調電流:100mA (max)
  • プログラマブルレーザバイアス電流:100mA (max)
  • 立上がり時間:25ps (MAX3930/MAX3932)
  • 可変パルス幅制御
  • 選択可能データリタイミングラッチ
  • ESD保護
  • 内部直列ダンピング抵抗(MAX3931)

アプリケーション/用途

  • コンピュータ:デスクトップ、ワークステーション、サーバ
  • セクション再生器
  • SONET OC-192およびSDH STM-64
  • 伝送システム
  • 最大10.7Gbps光トランスミッタ

技術資料

アプリケーションノート 472 MAX3930: Simulating Direct Laser Modulation with the MAX3930
アプリケーションノート 274 HFAN-02.0: Interfacing Maxim Laser Drivers with Laser Diodes

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3930 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 472 MAX3930: Simulating Direct Laser Modulation with the MAX3930
アプリケーションノート 274 HFAN-02.0: Interfacing Maxim Laser Drivers with Laser Diodes
種類 ID タイトル
評価ボード3027MAX3930EVKIT MAX3930の評価キット