先頭に戻る

+3.3V、2.488Gbps、SDH/SONET 1:16デシリアライザ、クロックリカバリ付

低電力、低コスト、トランシーバチップセット

製品の詳細

MAX3880は、SDH/SONETアプリケーションにおいて2.488Gbpsシリアルデータを16ビット幅の155Mbpsパラレルデータに変換するために最適のクロックリカバリ付デシリアライザです。本デバイスは+3.3V単一電源で動作し、高速シリアルデータ入力を受けて、ディジタル回路とのインタフェース用の低電圧差動信号(LVDS)パラレルクロックおよびデータ出力を供給します。

MAX3880は、2.488Gbpsアプリケーション用の低電力クロックリカバリおよびデータリタイミング機能を備えています。完全集積化位相ロックループ(PLL)が、シリアルNRZデータ入力から同期クロック信号を再生します。次に、再生されたクロックによってこの信号のタイミングが調節されます。MAX3880のジッタ性能は、全てのSDH/SONET規格を超えています。システムループバック診断テスト用に予備の2.488Gbpsシリアル入力が用意されています。また、TTLコンパチブルのロスオブロック(LOL)モニタおよびデータのリアライメントおよびリフレーミングを可能にするLVDS同期入力も備えています。

MAX3880は拡張温度範囲(-40℃~+85℃)のものが用意されており、パッケージは64ピンTQFP-EP (エクスポーズドパッド)です。

主な機能

  • 電源:+3.3V単一
  • 動作電力:910mW
  • 完全集積化クロックリカバリおよびデータリタイミング
  • ANSI、ITUおよびBellcore規格を超越
  • 予備の高速入力によりシステムループバック診断テストが容易
  • 2.488Gbpsシリアルから155Mbpsパラレルへの変換
  • LVDSデータ出力および同期入力
  • 2000以上の連続同一デジットを許容
  • ロスオブロックインジケータ

アプリケーション/用途

  • 2.488Gbps SDH/SONET伝送システム
  • アッド/ドロップマルチプレクサ
  • デジタルクロスコネクト

簡略化されたブロック図

MAX3880:標準アプリケーション回路 MAX3880:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX3880ECB IBISモデル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX3880ECB SPICE入力/出力モデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

主な機能

  • 電源:+3.3V単一
  • 動作電力:910mW
  • 完全集積化クロックリカバリおよびデータリタイミング
  • ANSI、ITUおよびBellcore規格を超越
  • 予備の高速入力によりシステムループバック診断テストが容易
  • 2.488Gbpsシリアルから155Mbpsパラレルへの変換
  • LVDSデータ出力および同期入力
  • 2000以上の連続同一デジットを許容
  • ロスオブロックインジケータ

アプリケーション/用途

  • 2.488Gbps SDH/SONET伝送システム
  • アッド/ドロップマルチプレクサ
  • デジタルクロスコネクト

説明

MAX3880は、SDH/SONETアプリケーションにおいて2.488Gbpsシリアルデータを16ビット幅の155Mbpsパラレルデータに変換するために最適のクロックリカバリ付デシリアライザです。本デバイスは+3.3V単一電源で動作し、高速シリアルデータ入力を受けて、ディジタル回路とのインタフェース用の低電圧差動信号(LVDS)パラレルクロックおよびデータ出力を供給します。

MAX3880は、2.488Gbpsアプリケーション用の低電力クロックリカバリおよびデータリタイミング機能を備えています。完全集積化位相ロックループ(PLL)が、シリアルNRZデータ入力から同期クロック信号を再生します。次に、再生されたクロックによってこの信号のタイミングが調節されます。MAX3880のジッタ性能は、全てのSDH/SONET規格を超えています。システムループバック診断テスト用に予備の2.488Gbpsシリアル入力が用意されています。また、TTLコンパチブルのロスオブロック(LOL)モニタおよびデータのリアライメントおよびリフレーミングを可能にするLVDS同期入力も備えています。

MAX3880は拡張温度範囲(-40℃~+85℃)のものが用意されており、パッケージは64ピンTQFP-EP (エクスポーズドパッド)です。

簡略化されたブロック図

MAX3880:標準アプリケーション回路 MAX3880:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。