先頭に戻る

2.5Gbps、低電力、+3.3VクロックリカバリおよびデータリタイミングIC

低電力でクリーンな2.5Gbps信号を受信

製品の詳細

MAX3876は、2.488Gbps SDH/SONETアプリケーション用のコンパクトな低電力クロックリカバリおよびデータリタイミングICです。完全集積化された位相ロックループ(PLL)が、シリアルNRZデータ入力からの同期クロック信号を再生します。データは再生されたクロックによってリタイミングされます。差動CML出力がクロックおよびデータ信号に対して提供されており、システムループバック診断テスト用として別の2.488Gbpsシリアル入力が提供されています。更にこのデバイスには、TTLコンパチブルのロスオブロック(アクティブローLOL)モニタも含まれています。

MAX3876は、OC-48/STM-16伝送システムのセクションリジェネレータおよびターミナルレシーバアプリケーション用に設計されています。ジッタ性能は、全てのSONET/SDH仕様を上回っています。

このデバイスは、-40℃~+85℃の温度範囲において+3.3Vまたは+5.0Vの単一電源で動作します。標準消費電力は、+3.3V電源で僅か445mWとなっています。MAX3876は、チップ形式に加え、32ピンTQFPパッケージでも提供されています。

主な機能

  • ANSI、ITU、およびBellcore SONET/SDHリジェネレータ仕様を上回る機能性
  • 消費電力:440mW (+3.3Vの場合)
  • クロックジッタ生成:3.7mUIRMS
  • 電源:+3.3Vまたは+5V単一
  • 完全集積化クロックリカバリおよびデータリタイミング
  • 高速入力の追加によるシステムループバック診断テスト
  • 許容差:>2500連続同一符号
  • ロスオブロックインジケータ
  • 差動CMLデータおよびクロック出力
  • アプリケーション/用途

    • 2.488Gbps ATMレシーバ
    • アッド/ドロップマルチプレクサ
    • デジタルクロスコネクト
    • デジタルビデオ伝送
    • ラック間/サブラック・インターコネクト
    • SDH/SONETレシーバおよび再生器
    • SDH/SONET試験装置

    簡略化されたブロック図

    MAX3876:標準アプリケーション回路 MAX3876:標準アプリケーション回路 Zoom icon

    技術資料

    設計と開発

    以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

    /jp/design/design-tools/ee-sim.html?

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

    パラメーター

    主な機能

  • ANSI、ITU、およびBellcore SONET/SDHリジェネレータ仕様を上回る機能性
  • 消費電力:440mW (+3.3Vの場合)
  • クロックジッタ生成:3.7mUIRMS
  • 電源:+3.3Vまたは+5V単一
  • 完全集積化クロックリカバリおよびデータリタイミング
  • 高速入力の追加によるシステムループバック診断テスト
  • 許容差:>2500連続同一符号
  • ロスオブロックインジケータ
  • 差動CMLデータおよびクロック出力
  • アプリケーション/用途

    • 2.488Gbps ATMレシーバ
    • アッド/ドロップマルチプレクサ
    • デジタルクロスコネクト
    • デジタルビデオ伝送
    • ラック間/サブラック・インターコネクト
    • SDH/SONETレシーバおよび再生器
    • SDH/SONET試験装置

    説明

    MAX3876は、2.488Gbps SDH/SONETアプリケーション用のコンパクトな低電力クロックリカバリおよびデータリタイミングICです。完全集積化された位相ロックループ(PLL)が、シリアルNRZデータ入力からの同期クロック信号を再生します。データは再生されたクロックによってリタイミングされます。差動CML出力がクロックおよびデータ信号に対して提供されており、システムループバック診断テスト用として別の2.488Gbpsシリアル入力が提供されています。更にこのデバイスには、TTLコンパチブルのロスオブロック(アクティブローLOL)モニタも含まれています。

    MAX3876は、OC-48/STM-16伝送システムのセクションリジェネレータおよびターミナルレシーバアプリケーション用に設計されています。ジッタ性能は、全てのSONET/SDH仕様を上回っています。

    このデバイスは、-40℃~+85℃の温度範囲において+3.3Vまたは+5.0Vの単一電源で動作します。標準消費電力は、+3.3V電源で僅か445mWとなっています。MAX3876は、チップ形式に加え、32ピンTQFPパッケージでも提供されています。

    簡略化されたブロック図

    MAX3876:標準アプリケーション回路 MAX3876:標準アプリケーション回路 Zoom icon

    技術資料

    サポートとトレーニング

    ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

    絞り込まれた検索

    マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。