MAX3872

リミティングアンプ付き、マルチレートクロックおよびデータリカバリ

SONET/SDHジッタ仕様をすべて超える、リミティングアンプ付きマルチレートCDR


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3872は、FEC SONET/SDHのOC-3、OC-12、OC-24、OC-48、OC-48、およびギガビットイーサネット(1.25Gbps/2.5Gbps)アプリケーション用のリミティングアンプ付き小型、マルチレートクロックおよびデータリカバリ(CDR)です。外部リファレンスクロックを使用しない完全集積型位相ロックループ(PLL)は、シリアルNRZデータ入力から同期クロック信号をリカバします。さらに、入力データは、リカバされたクロックによってリタイミングが行われてクリーンなデータ出力をします。システムループバック診断試験には、別のシリアル入力(SLBI±)を利用することができます。あるいは、この入力をリファレンスクロックに接続すると、データ遷移のない状態で有効なクロック出力を維持することができます。またこのデバイスは、ロック外れ(アクティブローLOL)出力を備えています。

MAX3872は、DWDM伝送システムのEDFAに起因する光ノイズを補正する垂直スレッショルド制御機能を備えています。再生データおよびクロック出力は、各ラインに50Ωバック終端が内蔵されたCMLで構成されており、そのジッタ性能は、すべてのSONET/SDH仕様を上回っています。

MAX3872は、+3.3V単一電源で動作し、通常580mWを消費します。このデバイスは、放熱用パッド付き5mm x 5mmの32ピンTQFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲で動作します。
MAX3872:標準動作回路 MAX3872:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • マルチレートデータ入力:2.667Gbps (FEC)、2.488Gbps、1.244Gbps、622.08Mbps、155.52Mbps、1.25Gbps/2.5Gbps (イーサネット)
  • データ取得にリファレンスクロック不要
  • ANSI、ITU、およびBellcore SONET/SDHの各ジッタ仕様を凌ぐ機能性
  • ジッタ生成:2.7mUIRMS
  • スレッショルド調整なしの入力感度:10mVP-P
  • 高周波ジッタ許容値:0.65UIP-P
  • 入力スレッショルド調整範囲:±170mV
  • 周波数選択可能なリファレンスクロックを用いたクロックホールドオーバ機能
  • システム診断試験用シリアルループバック入力
  • ロック外れ(アクティブローLOL)インジケータ

アプリケーション/用途

  • アクセスネットワーク
  • アッド/ドロップマルチプレクサ
  • デジタルクロスコネクト
  • DWDM伝送システム
  • SONET/SDHレシーバおよび再生成器
  • SONET/SDH試験装置
Part NumberFunctionsData Rate
(Mbps)
Data Rate
(Mbps)
MultirateVSUPPLY
(V)
ICC
(mA)
I/O TypePackage/PinsOper. Temp.
(°C)
Budgetary
Price
minmaxtypSee Notes
MAX3872 CDR1552667Yes3.3175CML
QFN/32
TQFN/32
-40 to +85$27.14 @1k
全Clock and Data Recovery (2)
価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。


MAX3872EVKIT: MAX3872、MAX3874の評価キット
MAX3874EVKIT: MAX3872、MAX3874の評価キット

技術資料

アプリケーションノート 3896 HFTA-14.0 GPONのFECレシーバの設計課題
アプリケーションノート 1993 MAX3872: Choosing an Optimal Filter Capacitor for the MAX3872 Multi-Rate CDR

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3872.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX3872AETJ+
  • MAX3872AETJ+T
  • MAX3872EGJ
  • MAX3872EGJ-T
  • MAX3872ETJ+
  • MAX3872ETJ+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID PDF タイトル
    アプリケーションノート 3896 HFTA-14.0 GPONのFECレシーバの設計課題
    アプリケーションノート 1993 MAX3872: Choosing an Optimal Filter Capacitor for the MAX3872 Multi-Rate CDR