MAX3865EVKIT

MAX3865の評価キット


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3865の評価キット(EVキット)は、電気的評価用の1回路と光学的評価用の2つ目の回路を備えています。この電気的EVボードは、多数のテストポイントを装備して使用しやすくし、MAX3865の自動パワー制御(APC)と自動変調制御(AMC)の動作がユーザにとって習熟しやすいように設計してあります。光学的EVボードは、実際の通信環境で使用されるものとよく似ています。

EVキットの電気的区画は、ユーザがMAX3865の制御動作を理解しやすいように設計されています。このキットは、合成レーザとモニタダイオードを内蔵しており、そのスレッショルド電流と利得はジャンパ接続によって変更することができます。ユーザは、希望の消光比が得られるようにモニタダイオードのバイアス(平均)電流と変調(ピークツーピーク)電流の値をプログラムすることができます。合成レーザは、温度変動や耐用寿命に近づいていることをシミュレートするために変更が可能で、消光比は一定に保たれます。また、ループ設定時間や最大レーザ電流制限値などのパラメータも観測することが可能です。

主な特長

  • 完全実装および試験済み
  • 完全整合による最良反射減衰量
  • アプリケーション/用途

    • 2.5Gbps光トランスミッタ
    • アッド/ドロップマルチプレクサ
    • デジタルクロスコネクト
    • セクション再生器
    • SONET/SDH伝送システム
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース