MAX3850

2.7Gbps、+3.3V DC結合レーザドライバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3850は、最高2.7GbpsのSDH/SONETアプリケーション用+3.3V DC結合レーザドライバです。このデバイスは、差動のデータおよびクロック入力が可能で、レーザ駆動用のバイアス電流と変調電流を供給します。クロック信号が利用可能な場合は、同期入力ラッチを使用してジッタを減少させることができます。温度と耐用寿命に対して平均光パワーを一定に保持するために、自動パワー制御(APC)フィードバックループが組み込まれています。このデバイスは、変調電流が5mA~60mA (最大80mA、AC結合)、バイアス電流は1mA~100mAと範囲が広いため、プログラムが容易で、各種SDH/SONETアプリケーションに最適です。さらに、MAX3850は、レーザ電流イネーブル制御、レーザバイアスと変調電流に正比例する2個の電流のモニタ、およびAPCループが平均光パワーを維持することができないことを表示する障害モニタ出力を備えています。わずか3.3Vの電源電圧を用いてレーザにDC結合するよう設計されたMAX3850は、インタフェースの必要条件が非常に簡略化されています。このデバイスは、小型32ピンQFNパッケージとダイスで提供されます。
MAX3850:標準アプリケーション回路 MAX3850:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • +3.3V単一電源
  • 消費電流:35mA
  • プログラマブルバイアス電流:1mA~100mA
  • プログラマブル変調電流:5mA~60mA (最大80mA、AC結合)
  • バイアス電流/変調電流モニタ
  • 立上り/立下り時間:70ps
  • 障害モニタ付き自動平均パワー制御
  • ANSI、ITU、およびBellcore SDH/SONETの各仕様に準拠
  • レーザ電流イネーブル制御

アプリケーション/用途

  • アッド/ドロップマルチプレクサ
  • デジタルクロスコネクト
  • MPLSトランスミッタシステム
  • SDH/SONET伝送システム
  • セクション再生器

技術資料

アプリケーションノート 3015 MAX3735A: MAX3735A Laser Driver Output Configurations, Part 4: Driving VCSELS
アプリケーションノート 274 HFAN-02.0: Interfacing Maxim Laser Drivers with Laser Diodes

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3850.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID PDF タイトル
アプリケーションノート 3015 MAX3735A: MAX3735A Laser Driver Output Configurations, Part 4: Driving VCSELS
アプリケーションノート 274 HFAN-02.0: Interfacing Maxim Laser Drivers with Laser Diodes
種類 ID タイトル
評価ボード3369MAX3850EVKIT MAX3850の評価キット