先頭に戻る

12.5Gbps、設定可能受信イコライザ

業界初、12.5Gbpsのイコライザが、シリアル通信で30インチのFR4まで拡張

製品の詳細

アナログイコライザ内蔵のドライバMAX3804は、5GHzで最大20dBの損失を補正します。このデバイスは、周波数依存の表皮効果と誘電体損失によって生じる符号間干渉が一般に許容量を超える12.5GbpsまでPCBの信号整合性が確保されるよう設計されています。MAX3804を使用すると、FR-4上の10Gbps NRZシリアルデータの実用チップ間伝送距離を30in (0.75m)まで延長することができ、確定的ジッタが著しく減少します。10.7Gbps信号に対する等化後の残留ジッタは、通常、最大経路長で24psP-Pです。

MAX3804は、廉価なFR-4材料上の10Gbpsチップ間シリアル相互接続に最適です。3mm x 3mmのパッケージでは、最適な配置配線の柔軟性があります。このデバイスは、内部ロジックと電流モードロジック(CML) I/OのVCC接続が別々になっており、CMLの入力と出力は各々分離された電源を基準としており、1.8V、2.5V、または3.3VのICに独立してDC結合することができます。8レベルの入力等化をディジタル制御入力によって選択することができるため、イコライザを伝送ライン経路損失の範囲に適合させることが可能です。MAX3804を経路損失に合わせて適切に設定すると、広い範囲のデータレートとデータ形式に対して最適な性能が得られます。

主な機能

  • 最長30in (0.75m)の6mil FR-4伝送ライン損失の補正
  • 動作電力:115mW
  • 最高データレート:12.5Gbps
  • 8B10B、64B66B、およびPRBSデータとコンパチブル
  • 等化後の残留ジッタ:30psP-P以下
  • 3ビット等化レベル選択入力
  • 3mm x 3mmのTQFNパッケージ
  • 1.8V、2.5V、または3.3V CML I/OにDC結合
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • コア電源電圧:+3.3V

アプリケーション/用途

  • 高速信号分配
  • OC-192および10Gbイーサネットシリアルモジュール
  • OC-192および10Gbイーサネットスイッチおよびルータ
Parametric specs for Equalizers (Cable and Circuit Board)
Applications Copper Cable Interconnect
Ethernet
Fibre Channel
InfiniBand
Printed Circuit Board Interconnect
SDH/ SONET/ DWDM/ ATM/ PONs
Data Rate (Mbps) (min) 0
Data Rate (Mbps) (max) 12500
Max. Reach @ Max. Data Rate 0.8m FR4
VSUPPLY (V) 3.3
I/O Type CML
# Channels 1
Rx Eq. @ Max. Rate (dB) (typ) 20
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
$15.12 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX3804:標準動作回路 MAX3804:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX3804のDC結合された評価キット(EVキット)は、12.5Gbps設定可能イコライザのMAX3804の評価作業を容易にします。このEVキットによって、すべての等化設定を含むデバイス機能の全試験を行うことができます。MAX3804に対する50Ωの管理されたインピーダンス伝送ラインを備えたSMAコネクタが、すべてのCML入出力ポートに装備されています。

詳細を見る

特長

  • DC結合評価キット
  • 高速の全入出力にSMAコネクタを装備
  • 完全実装および試験済み

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX3804ETE IBISモデル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX3804ETE SPICE入力/出力モデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Equalizers (Cable and Circuit Board)
Applications Copper Cable Interconnect
Ethernet
Fibre Channel
InfiniBand
Printed Circuit Board Interconnect
SDH/ SONET/ DWDM/ ATM/ PONs
Data Rate (Mbps) (min) 0
Data Rate (Mbps) (max) 12500
Max. Reach @ Max. Data Rate 0.8m FR4
VSUPPLY (V) 3.3
I/O Type CML
# Channels 1
Rx Eq. @ Max. Rate (dB) (typ) 20
Package/Pins TQFN/16
Oper. Temp. (°C) -40 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
$15.12 @1k

主な機能

  • 最長30in (0.75m)の6mil FR-4伝送ライン損失の補正
  • 動作電力:115mW
  • 最高データレート:12.5Gbps
  • 8B10B、64B66B、およびPRBSデータとコンパチブル
  • 等化後の残留ジッタ:30psP-P以下
  • 3ビット等化レベル選択入力
  • 3mm x 3mmのTQFNパッケージ
  • 1.8V、2.5V、または3.3V CML I/OにDC結合
  • 動作温度範囲:-40℃~+85℃
  • コア電源電圧:+3.3V

アプリケーション/用途

  • 高速信号分配
  • OC-192および10Gbイーサネットシリアルモジュール
  • OC-192および10Gbイーサネットスイッチおよびルータ

説明

アナログイコライザ内蔵のドライバMAX3804は、5GHzで最大20dBの損失を補正します。このデバイスは、周波数依存の表皮効果と誘電体損失によって生じる符号間干渉が一般に許容量を超える12.5GbpsまでPCBの信号整合性が確保されるよう設計されています。MAX3804を使用すると、FR-4上の10Gbps NRZシリアルデータの実用チップ間伝送距離を30in (0.75m)まで延長することができ、確定的ジッタが著しく減少します。10.7Gbps信号に対する等化後の残留ジッタは、通常、最大経路長で24psP-Pです。

MAX3804は、廉価なFR-4材料上の10Gbpsチップ間シリアル相互接続に最適です。3mm x 3mmのパッケージでは、最適な配置配線の柔軟性があります。このデバイスは、内部ロジックと電流モードロジック(CML) I/OのVCC接続が別々になっており、CMLの入力と出力は各々分離された電源を基準としており、1.8V、2.5V、または3.3VのICに独立してDC結合することができます。8レベルの入力等化をディジタル制御入力によって選択することができるため、イコライザを伝送ライン経路損失の範囲に適合させることが可能です。MAX3804を経路損失に合わせて適切に設定すると、広い範囲のデータレートとデータ形式に対して最適な性能が得られます。

簡略化されたブロック図

MAX3804:標準動作回路 MAX3804:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。