MAX3802

ケーブルドライバ付き、3.2Gbps クワッド適応型イコライザ

伝送距離を拡大するクワッド3.2Gbps適応型イコライザ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3802は、4個の独立した適応型ケーブルイコライザとケーブルドライバが単一チップに内蔵しています。このデバイスは、同軸および平衡ケーブルのポイントトゥポイントスクランブルデータ通信アプリケーション用に設計されています。ドライバは、差動電流モードロジック(CML)入出力を備えています。イコライザは、差動CMLデータ入出力とTTLロスオブシグナル(アクティブローLOS)出力を備えています。

適応型ケーブルイコライザは、最高3.2Gbpsのデータレートの、差動信号またはシングルエンド信号を等化することができます。これは、1.6GHzで30dBの表皮効果損によって生じる減衰に対して自動的に調整を行います。イコライザは、高周波相互接続アプリケーションにおける銅ケーブルの有効長を効果的に拡長します。
MAX3802:標準アプリケーション回路 MAX3802:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 3.3V単一電源
  • 4個の独立したイコライザとドライバ
  • 標準電力損失:3.3Vで725mW
  • 最高データレート:3.2Gbps
  • イコライザがさまざまなケーブル長を自動調整
  • 1.6GHz (3.2Gbps)での等化範囲:0~30dB
  • ロスオブシグナル(アクティブローLOS)インジケータ
  • 入出力終端内蔵
  • 外付け部品数削減
  • 動作温度範囲:0℃~+85℃
  • ケーブル入出力でESD保護
  • アプリケーション/用途

    • バックプレーンおよび平衡ケーブルインターコネクト
    • カテゴリ5 UTPベースのシステム
    • 通信およびデータシステムでの高速リンク

    MAX3802EVKIT: MAX3802の評価キット

    技術資料

    アプリケーションノート 3455 HFTA-11.0:NRZテストパターンのスペクトル
    アプリケーションノート 996 HFAN-06.0.1: Equalizing Gigabit-per-Second Signals on Copper Media

    品質および環境データ

    製品の信頼性レポート: MAX3802.pdf 
    鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

    ツールおよびモデル

  • MAX3802UGK IBISモデル
  • CAD Symbols and Footprints

  • MAX3802UGK-D
  • MAX3802UGK-TD
  • MAX3802UTK+D
  • MAX3802UTK+TD
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID PDF タイトル
    アプリケーションノート 3455 HFTA-11.0:NRZテストパターンのスペクトル
    アプリケーションノート 996 HFAN-06.0.1: Equalizing Gigabit-per-Second Signals on Copper Media
    種類 ID タイトル
    評価ボード3466MAX3802EVKIT MAX3802の評価キット