先頭に戻る

3.2Gbps適応型イコライザおよびケーブルドライバ

業界初、3.2Gbps適応型ケーブルイコライザ/ドライバ

製品の詳細

MAX3800は、+3.3V適応型ケーブルイコライザおよびケーブルドライバを単一のチップに組込んでいます。本製品は同軸および双軸の二点間通信アプリケーション用に設計されています。ドライバは差動電流モードロジック(CML)入出力および可変出力振幅となっています。イコライザは差動CMLデータ入出力、ロスオブシグナル(アクティブローLOS)出力およびケーブル完全性モニタ(CIM)出力を備えています。

この適応型ケーブルイコライザは、最大データレート3.2Gbpsの差動またはシングルエンド信号をイコライズすることができます。表皮効果に起因する減衰を30dB (1.6GHz)まで自動的に調整します。本イコライザは、高周波インターコネクトアプリケーションにおいて銅ケーブルの使用可能な長さを拡張します。

MAX3800はエクスポーズドパッド付きの32ピンTQFPパッケージで提供されており、消費電力は僅か200mW (+3.3V)です。ドライバは不要な時に電源から切離すことができるため、消費電流を40%低減することができます。

主な機能

  • 単一電源:+3.3V
  • 標準電力消費:200mW (+3.3V)
  • 最大データレート:3.2Gbps
  • ケーブルドライバ出力振幅が可変
  • イコライザはケーブルの長さの違いに応じて自動的に調整
  • イコライゼーション:1.6GHz (3.2Gbps)において0dB~30dB
  • ロスオブシグナル(アクティブローLOS)インジケータ
  • ケーブル完全性モニタ(CIM)
  • オンチップ入出力終端処理
  • 外付部品点数を削減
  • 動作温度範囲:0℃~+85℃
  • ケーブル入出力はESD保護付

アプリケーション/用途

  • バックプレーンおよびインターコネクトアプリケーション
  • 通信およびデータシステムでの高速リンク
  • SDH/SONET伝送装置
Parametric specs for Equalizers (Cable and Circuit Board)
Applications Copper Cable Interconnect
Printed Circuit Board Interconnect
SDH/ SONET/ DWDM/ ATM/ PONs
Data Rate (Mbps) (min) 622
Data Rate (Mbps) (max) 3200
Max. Reach @ Max. Data Rate 30m Cable
VSUPPLY (V) 3.3
I/O Type CML
# Channels 1
Rx Eq. @ Max. Rate (dB) (typ) 30
Package/Pins TQFN/32
TQFP/32
Oper. Temp. (°C) 0 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
$12.24 @1k
全て表示する

簡略化されたブロック図

MAX3800:標準アプリケーション回路 MAX3800:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

設計と開発

以下タイトルをクリックして詳細をご覧ください。

説明

MAX3800の評価キット(EVキット)は、適応型イコライザ/ケーブルドライバMAX3800の評価作業を容易にします。本EVキットにより、デバイスの全ての機能をテストすることが出来ます。全ての入出力ポートに、MAX3800への伝送ライン(インピーダンスを50Ωに調整)付きのSMAコネクタが装備されています。

詳細を見る

特長

  • 全ての高速入出力にSMAコネクタを装備
  • 完全実装済み、試験済み
  • ドライバ出力振幅を調整するためのポテンショメータ付

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX3800UGJ IBISモデル

ダウンロード

シミュレーションモデル

MAX3800UGJ SPICE入力/出力モデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。

パラメーター

Parametric specs for Equalizers (Cable and Circuit Board)
Applications Copper Cable Interconnect
Printed Circuit Board Interconnect
SDH/ SONET/ DWDM/ ATM/ PONs
Data Rate (Mbps) (min) 622
Data Rate (Mbps) (max) 3200
Max. Reach @ Max. Data Rate 30m Cable
VSUPPLY (V) 3.3
I/O Type CML
# Channels 1
Rx Eq. @ Max. Rate (dB) (typ) 30
Package/Pins TQFN/32
TQFP/32
Oper. Temp. (°C) 0 to +85
Budgetary
Price (See Notes)
$12.24 @1k

主な機能

  • 単一電源:+3.3V
  • 標準電力消費:200mW (+3.3V)
  • 最大データレート:3.2Gbps
  • ケーブルドライバ出力振幅が可変
  • イコライザはケーブルの長さの違いに応じて自動的に調整
  • イコライゼーション:1.6GHz (3.2Gbps)において0dB~30dB
  • ロスオブシグナル(アクティブローLOS)インジケータ
  • ケーブル完全性モニタ(CIM)
  • オンチップ入出力終端処理
  • 外付部品点数を削減
  • 動作温度範囲:0℃~+85℃
  • ケーブル入出力はESD保護付

アプリケーション/用途

  • バックプレーンおよびインターコネクトアプリケーション
  • 通信およびデータシステムでの高速リンク
  • SDH/SONET伝送装置

説明

MAX3800は、+3.3V適応型ケーブルイコライザおよびケーブルドライバを単一のチップに組込んでいます。本製品は同軸および双軸の二点間通信アプリケーション用に設計されています。ドライバは差動電流モードロジック(CML)入出力および可変出力振幅となっています。イコライザは差動CMLデータ入出力、ロスオブシグナル(アクティブローLOS)出力およびケーブル完全性モニタ(CIM)出力を備えています。

この適応型ケーブルイコライザは、最大データレート3.2Gbpsの差動またはシングルエンド信号をイコライズすることができます。表皮効果に起因する減衰を30dB (1.6GHz)まで自動的に調整します。本イコライザは、高周波インターコネクトアプリケーションにおいて銅ケーブルの使用可能な長さを拡張します。

MAX3800はエクスポーズドパッド付きの32ピンTQFPパッケージで提供されており、消費電力は僅か200mW (+3.3V)です。ドライバは不要な時に電源から切離すことができるため、消費電流を40%低減することができます。

簡略化されたブロック図

MAX3800:標準アプリケーション回路 MAX3800:標準アプリケーション回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

ナレッジベースを検索して技術質問への回答を探す。

絞り込まれた検索

マキシムでは、お客様の技術的質問にお答えするため、アプリケーションエンジニアの専任チームも配置しています。 サポートセンター をご覧ください。