MAX3797

10.3Gbps、低電力トランスインピーダンスアンプ、10GBASE-SRアプリケーション用

高速RSSIをサポートし、消費電力はわずか105mW


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3797は、最大10.3125Gbpsのデータレートの光伝送システム用に、PINダイオードとともに使用するように設計された低電力トランスインピーダンスアンプです。

MAX3797は自動利得制御(AGC)アーキテクチャを採用し、公称小信号トランスインピーダンスは5.5kΩです。入力換算ノイズは1.25µARMS (typ)で、これは理論上の感度として、PIN (þ = 0.55、re = 3)フォトディテクタの場合に10-12のビットエラーレート(BER)で-14.8dBm OMAに相当します。

チップサイズが1mm x 0.76mmと小さいため、TO-46またはTO-56パッケージを使用した光学アセンブリが可能です。MAX3797は、ROSA内にコンデンサを必要とせずに安定した動作を提供することによって、低コストのROSAに対応します。MAX3797の感度は全温度および全電源電圧範囲にわたって安定しています。
MAX3797:標準アプリケーション回路 MAX3797:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 全電源電圧および全温度範囲にわたって安定した感度
  • 最大10.3125Gbps (NRZ)動作
  • コンデンサなしのROSAに対応
  • AGC利得:5.5kΩ
  • 単一電源:3.3V
  • 消費電力:105mW
  • 広帯域電流モニタによってRSSIに基づくLOSの実装が可能
  • チップサイズ:1mm x 0.76mm

アプリケーション/用途

  • 10.3125Gbpsイーサネット光レシーバ(10GBASE-SR)
  • 8.25Gbpsファイバチャネル光レシーバ(8xFC)

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3797.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース