MAX3795

自己診断モニタ付き1Gbps~4.25GbpsのマルチレートVCSELドライバ

SFF/SFPイーサネットおよびファイバチャネルアプリケーション用、マルチレート1Gbps~4.25Gbps VCSELドライバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3795は、スモールフォームファクタ(SFF)およびスモールフォームファクタプラガブル(SFP)の光ファイバトランスミッタ用の高速VCSELドライバです。MAX3795は、バイアス発生器、レーザ変調器、および総合的な安全機能を搭載しています。自動パワー制御(APC)は、レーザバイアス電流を調整して、温度とレーザ特性が変化しても平均光パワーを維持します。ドライバは、カソードコモンと差動の構成に対応しています。

MAX3795は、最大4.25Gbit/sで動作します。MAX3795は、最大15mAのレーザ変調電流を切り替え、最大15mAのバイアス電流を供給します。動作温度範囲において、消光比を仕様範囲内に保つため、調整可能な温度補償が設けられています。MAX3795をダラスの DS1856/DS1859に接続すると、SFF-8472のタイミングと診断の要求に対応します。MAX3795は、低コストのTO-46ヘッダを含む様々なVCSELパッケージに対応しています。

MAX3795の安全回路は、危険な光量の原因となる障害を検出し、VCSEL出力をディセーブルします。安全回路はSFFとSFPのマルチソース標準(MSA)に準拠しています。

MAX3795は、小型4mm x 4mmの24ピンTQFNパッケージで提供され、動作温度範囲は-40℃~+85℃です。MAX3795は、MAX3740Aとピンコンパチブルで、鉛フリーのパッケージで提供されます。
MAX3795:標準アプリケーション回路 MAX3795:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • すべてのSFF-8472ディジタル診断に対応
  • 単一電源:3.3V ±10%
  • 変調電流:2mA~15mA
  • バイアス電流:1mA~15mA
  • 遷移時間:52ps
  • 確定的ジッタ:8.4ps
  • VCSELエッジ速度を改善するオプションのピーク電流
  • カソードコモンと差動の構成に対応
  • SFFおよびSFPのMSAに準拠した安全回路
  • MAX3740Aとピンコンパチブル
  • アプリケーション/用途

    • ファイバチャネル光トランスミッタ
    • ギガビットイーサネット光トランスミッタ
    • マルチレート(1Gbps~4.25Gbps) SFF/SFPモジュール
    Part NumberTarget Oper. Range
    (Gbps)
    Data Rate
    (Mbps)
    Data Rate
    (Mbps)
    VSUPPLY
    (V)
    ICC
    (mA)
    I/O TypeIMOD
    (mA)
    IBIAS
    (mA)
    Package/PinsBudgetary
    Price
    minmaxtypmaxmaxSee Notes
    MAX3795 1 to 4.5100042503.335CML1515
    TQFN/24
    $8.62 @1k
    全Laser Drivers (22)
    価格についての注:
    このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。


    MAX3795EVKIT: MAX3795の評価キット
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード4913MAX3795EVKIT MAX3795の評価キット