MAX3746

低電力、622Mbps~3.2Gbpsリミティングアンプ

SFF/SFPアプリケーション用の低電力、小型、マルチレートリミティングアンプが、SONET、ファイバチャネルおよびギガビットイーサネット光レシーバのデータ量子化器として機能


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

マルチレートリミティングアンプのMAX3746は、SONET、ファイバチャネル、およびギガビットEthernetの光レシーバ用データ量子化の機能を実現します。このアンプは、広範囲の電圧を入力し、制御されたエッジ速度で電流モードロジック(CML)出力電圧(レベル選択可能)を供給します。SFPトランスインピーダンスアンプ(TIA)のMAX3744/MAX3724にMAX3746をDC結合すると受信信号強度インジケータ(RSSI)を利用することができます。MAX3744/MAX3724とMAX3746から構成されたレシーバは、最大19dBのRSSIダイナミックレンジを提供します。その他の機能として、プログラム可能なロスオブシグナル(LOS)検出、オプションのディセーブル機能(DISABLE)、および出力信号の極性反転(OUTPOL)があります。出力ディセーブルは、スケルチ機能を実現するのに利用することができます。

MAX3746とMAX3744/MAX3724を組み合わせて標準4ピンTO-46ヘッダを使用すると、すべてのSFF-8472ディジタル診断仕様を実現することができます。

MAX3746は、リミティングアンプのMAX3748Aとピンコンパチブルであり、30%少ない消費電力で動作します。MAX3746は、3mm x 3mmの16ピンQFNパッケージで提供されます。
MAX3746:標準動作回路 MAX3746:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • SFPリファレンスデザインを提供
  • 低消費電力:115mW
  • 小型実装面積3mm x 3mmの16ピンQFNパッケージ
  • 立上り/立下り時間:70ps
  • スレッショルドがプログラム可能なロスオブシグナル
  • RSSIインタフェース(MAX3744/MAX3724 TIAとの組み合わせ)
  • 出力ディセーブル
  • 極性選択
  • 確定的ジッタ:8.4psP-P (3.2Gbps)
  • EMI性能の改善
  • CML出力レベルを選択可能
  • MAX3748Aとピンコンパチブル

アプリケーション/用途

  • ファイバチャネルSFF/SFPトランシーバモジュール
  • ギガビットイーサネットSFF/SFPトランシーバモジュール
  • マルチレートOC-12~OC-48 FEC SFF/SFP
  • トランシーバモジュール

CAD Symbols and Footprints

  • MAX3746ETE
  • MAX3746ETE-T
  • MAX3746HETE
  • MAX3746HETE#G16
  • MAX3746HETE#G16-T
  • MAX3746HETE#TG16
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース