先頭に戻る

消光比制御付き、155Mbps~4.25Gbps SFF/SFPレーザドライバ

1Gbps~4.25Gbpsのデータレートを備えた、マルチレートトランシーバモジュール用に設計された、消光比制御付きマルチレートレーザドライバ

製品詳細

MAX3738は、データレートが1Gbps~4.25Gbpsのマルチレートトランシーバモジュール用に設計された+3.3Vレーザドライバです。部品点数を削減し、かつマルチレート動作を容易にするために、レーザはMAX3738にDC結合することができます。

レーザの消光比制御(ERC)は、自動パワー制御(APC)、変調補償、および内蔵熱補償の各機能を組み合わせて行われます。APCループは、平均光パワーを一定に保ちます。変調補償では、変調電流がバイアス電流に比例して増加します。これらの制御ループを熱補償と組み合わせて、温度変化と耐用期間に対して消光比が一定に保たれます。

MAX3738は、差動入力としてデータ信号を受け入れます。変調電流が5mA~60mA (最大85mA、AC結合)で、バイアス電流が最大100mAと広範囲であるため、MAX3738は光ファイバモジュールのFP/DFBレーザを駆動するのに最適です。外付け抵抗器がレーザ電流の所要レベルを設定します。MAX3738は、送信ディセーブル制御(TX_DISABLE)、シングルポイント障害に対する耐性、バイアス電流監視、および光電流監視を備えています。また、この製品は、障害ラッチ出力(TX_FAULT)を発生して、APCループが平均光パワーを所要レベルに保てなくなった場合などの障害を示します。MAX3738は、SFF-8472トランスミッタ診断およびSFP MSAタイミングの要件を満たしています。

MAX3738は、4mm x 4mmの24ピンThin QFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

主な機能

  • 単一電源:+3.3V
  • 消費電流:47mA
  • 変調電流:85mA
  • バイアス電流:100mA
  • 自動パワー制御(APC)
  • 変調補償
  • 内蔵温度補償
  • AC結合用自己バイアス入力
  • グランド基準電流モニタ
  • レーザシャットダウンおよびアラーム出力
  • イネーブル制御およびレーザ安全機能

アプリケーション/用途

  • 1Gbps/2Gbps/4GbpsファイバチャネルSFF/SFPおよびGBICトランシーバ
  • ギガビットイーサネットSFF/SFPおよびGBICトランシーバ
  • マルチレートOC-24~OC-48 FECトランシーバ
Parametric specs for Laser Drivers
Target Oper. Range (Gbps) 1 to 4.5
<1
Data Rate (Mbps) (min) 155
Data Rate (Mbps) (max) 4250
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 47
I/O Type CML
IMOD (mA) (max) 85
IBIAS (mA) (max) 100
Package/Pins TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
$1.46 @1k
View More

簡略化されたブロック図

MAX3738:標準動作回路 MAX3738:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

設計開発

可能な場合は、下のタイトルをクリックして詳細ページを表示してください。

説明

MAX3738の評価キット(EVキット)は、MAX3738の光および電気に関する完全評価を行う実装済み検証用のボードです。

この評価キットは、PCB上で光および電気に関する2つの独立セクションから構成されています。電気評価セクションの出力は、50Ω終端のオシロスコープに接続可能なSMPコネクタとインタフェースを備えています。光評価セクションの出力は、レーザ/モニタダイオードとの接続機構を備えています。

詳細を見る

特徴

  • 完全実装および試験済み
  • 単一電源動作:+3.3V
  • AC結合回路を搭載
  • 光および電気に関する評価が可能

/jp/design/design-tools/ee-sim.html?

シミュレーションモデル

MAX3738ETG IBISモデル

ダウンロード

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.

パラメーター

Parametric specs for Laser Drivers
Target Oper. Range (Gbps) 1 to 4.5
<1
Data Rate (Mbps) (min) 155
Data Rate (Mbps) (max) 4250
VSUPPLY (V) 3.3
ICC (mA) (typ) 47
I/O Type CML
IMOD (mA) (max) 85
IBIAS (mA) (max) 100
Package/Pins TQFN/24
Budgetary
Price (See Notes)
$1.46 @1k

主な機能

  • 単一電源:+3.3V
  • 消費電流:47mA
  • 変調電流:85mA
  • バイアス電流:100mA
  • 自動パワー制御(APC)
  • 変調補償
  • 内蔵温度補償
  • AC結合用自己バイアス入力
  • グランド基準電流モニタ
  • レーザシャットダウンおよびアラーム出力
  • イネーブル制御およびレーザ安全機能

アプリケーション/用途

  • 1Gbps/2Gbps/4GbpsファイバチャネルSFF/SFPおよびGBICトランシーバ
  • ギガビットイーサネットSFF/SFPおよびGBICトランシーバ
  • マルチレートOC-24~OC-48 FECトランシーバ

説明

MAX3738は、データレートが1Gbps~4.25Gbpsのマルチレートトランシーバモジュール用に設計された+3.3Vレーザドライバです。部品点数を削減し、かつマルチレート動作を容易にするために、レーザはMAX3738にDC結合することができます。

レーザの消光比制御(ERC)は、自動パワー制御(APC)、変調補償、および内蔵熱補償の各機能を組み合わせて行われます。APCループは、平均光パワーを一定に保ちます。変調補償では、変調電流がバイアス電流に比例して増加します。これらの制御ループを熱補償と組み合わせて、温度変化と耐用期間に対して消光比が一定に保たれます。

MAX3738は、差動入力としてデータ信号を受け入れます。変調電流が5mA~60mA (最大85mA、AC結合)で、バイアス電流が最大100mAと広範囲であるため、MAX3738は光ファイバモジュールのFP/DFBレーザを駆動するのに最適です。外付け抵抗器がレーザ電流の所要レベルを設定します。MAX3738は、送信ディセーブル制御(TX_DISABLE)、シングルポイント障害に対する耐性、バイアス電流監視、および光電流監視を備えています。また、この製品は、障害ラッチ出力(TX_FAULT)を発生して、APCループが平均光パワーを所要レベルに保てなくなった場合などの障害を示します。MAX3738は、SFF-8472トランスミッタ診断およびSFP MSAタイミングの要件を満たしています。

MAX3738は、4mm x 4mmの24ピンThin QFNパッケージで提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

簡略化されたブロック図

MAX3738:標準動作回路 MAX3738:標準動作回路 Zoom icon

技術資料

サポートとトレーニング

Search our knowledge base for answers to your technical questions.

フィルタリングされた検索

Our dedicated team of Applications Engineers are also available to answer your technical questions. Visit our support portal.