MAX3735A

2.7Gbps、低電力SFPレーザドライバ

SFF-8472デジタル診断の要件をすべて満たす、SFPモジュール用マルチレート3.3Vレーザドライバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3735Aは、155Mbps~2.7GbpsのSFP/SFFアプリケーション用の+3.3Vレーザドライバです。このデバイスは差動入力データに対応し、レーザ駆動用のバイアスおよび変調電流を供給します。レーザへのDC結合によってマルチレートアプリケーションを実現可能で、外付け部品数を削減します。MAX3735AはSFP MSAタイミングおよびSFF-8472送信診断要件に完全準拠しています。

自動パワー制御(APC)フィードバックループが組み込まれており、温度および経年にわたって一定の平均光パワーを維持します。広い10mA~60mA (最大85mA、AC結合時)の変調電流範囲および1mA~100mAのバイアス電流によって、この製品は光ファイバーモジュールのFP/DFBレーザダイオードの駆動に最適です。レーザ電流設定の抵抗範囲は、SFPコントローラICのDS1858とのインタフェースに最適化されています。

MAX3735Aは、送信ディセーブル制御、シングルポイントラッチ送信障害モニタ出力、光電流監視、APCループが平均光パワーを維持することができないことを表示するバイアス電流監視を提供します。

MAX3735AはTQFNパッケージ(4mm × 4mm)で提供され、-40℃~+85℃の拡張温度範囲で動作します。

MAX3735、MAX3735A:標準アプリケーション回路 MAX3735、MAX3735A:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • SFPとSFF-8472 MSAに完全準拠
  • プログラマブル変調電流:10mA~60mA (DC結合)
  • プログラマブル変調電流:10mA~85mA (AC結合)
  • プログラマブルバイアス電流:1mA~100mA
  • エッジ遷移時間:51ps以下
  • 消費電流:27mA (typ)
  • マルチレート動作:155Mbps~2.7Gbps
  • 自動平均パワー制御
  • TX_Disable用内蔵プルアップ抵抗器
  • 24ピン4mm x 4mmのQFNパッケージ

アプリケーション/用途

  • 1G/2GファイバチャネルSFF/SFP光トランシーバモジュール
  • ギガビットイーサネットSFF/SFPトランシーバモジュール
  • マルチレートOC-3~OC-48 FEC SFF/SFPトランシーバモジュール

スペックパラメータを参照する: Laser Drivers (21)


Part NumberTarget Oper. Range
(Gbps)
Data Rate
(Mbps)
Data Rate
(Mbps)
VSUPPLY
(V)
ICC
(mA)
I/O TypeIMOD
(mA)
IBIAS
(mA)
Package/PinsBudgetary
Price
minmaxtypmaxmaxSee Notes
MAX3735A 1 to 4.515527003.327CML60100
SOIC(N)/8
$1.87 @1k

価格についての注:
このページに掲載された価格は、類似製品と比較するための参考価格です。価格は米国ドルで表記されており変更されることがあります。購入数によって価格は大幅に変わることがあり、米国以外での価格は各地域の関税、税金、手数料、および為替レートによって異なることがあります。購入数やバージョンが確定されている場合の価格および在庫状況については、購入に関するページを参照いただくか正規代理店までお問い合わせください。

MAX3735AEVKIT: MAX3735Aの評価キット
デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

品質管理システム >
環境管理システム >

 
Status:
Package:
Temperature:

関連リソース

種類 ID タイトル
評価ボード3730MAX3735AEVKIT MAX3735Aの評価キット