MAX3676

リミティングアンプ内蔵、622Mbps、3.3VクロックリカバリおよびデータリタイミングIC

高性能、低電力622Mbps CDR


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3676は、リミティングアンプを備えた完全クロックリカバリおよびデータリタイミングICです。622Mbps SDH/SONETアプリケーション用に設計されており、+3.3V単一電源で動作します。

MAX3876は、OC12/STM-4伝送システムのセクションリジェネレータおよびターミナルレシーバアプリケーション用に設計されています。ジッタ性能は、全てのSONET/SDH仕様を上回っています。

MAX3676は、2つの差動アンプを備えています。1つは正基準エミッタカップリングロジック(PECL)レベルを受け付け、もう1つは小信号アナログレベルを受け付けます。アナログ入力はリミティングアンプ段に入力されますが、そこには受信信号強度インジケータ(RSSI)およびスレッショルドの設定が可能なロスオブパワー(LOP)モニタの両方の機能があります。PECLアンプを選択するとリミティングアンプがディセーブルされ、電力が節約されます。ロスオブロック(LOL)モニタが、完全集積PLLの一部として組み込まれています。
MAX3676:標準動作回路 MAX3676:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 電源:+3.3Vまたは+5.0V単一
  • ITU/Bellcore SDH/SONETリジェネレータ仕様に適合
  • 低電力:+3.3Vで237mW
  • データ入力選択可能:差動PECLまたはアナログ
  • 受信信号強度インジケータ
  • ロスオブパワーおよびロスオブロックモニタ
  • 差動PECLクロックおよびデータ出力
  • 外部リファレンスクロック不要

アプリケーション/用途

  • アッド/ドロップマルチプレクサ
  • ATM交換機
  • デジタルクロスコネクト
  • SDH/SONETアクセスノード
  • SDH/SONETレシーバおよび再生器

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX3676.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

ツールおよびモデル

  • MAX3676EHJ SPICE入力/出力モデル
  • CAD Symbols and Footprints

  • MAX3676EHJ+
  • MAX3676EHJ+T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース