MAX3656

155Mbps~2.5Gbps、バーストモードレーザドライバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3656は、155Mbps~2.5Gbpsのデータレートで動作するバーストモードレーザドライバです。このレーザドライバは、正基準エミッタ結合ロジック(PECL)または電流モードロジック(CML)データ入力のいずれかを受け入れて、レーザダイオードにバイアス電流と変調電流を供給します。このデバイスは、レーザダイオードを完全なダーク(オフ)状態から完全な(オン)状態(適正なバイアスと変調電流)に2ns以下で切り替えることができます。MAX3656は、レーザドライバとレーザダイオードのDC結合器を内蔵しており、+3.0Vの低い単一電源電圧で動作します。

全温度範囲と耐用寿命に対して一定の平均光パワーを維持するために、このデバイスはディジタル自動パワー制御(APC)ループを備えています。APCループは、576nsの最小バーストオンタイムと96nsの最小バーストオフタイムで動作し、最大バーストオンタイムやオフタイムには制限がありません。APCループが平均パワーを維持することができなくなったことを表示するために、障害モニタが組み込まれています。MAX3656は、バーストイネーブル(BEN)をハイレベルにすることにより、非バーストモードアプリケーション(連続モード)用に設定することができます。このデバイスには、節電用のイネーブルとディセーブル機能があります。変調電流は、10mA~85mAに設定可能で、バイアス電流は1mA~70mAに設定可能です。

MAX3656は、4mm x 4mmの小型24ピンTQFNパッケージで提供され、消費電力はバイアス電流と変調電流を除くとわずか132mW (typ)です。
MAX3656:標準アプリケーション回路 MAX3656:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 155Mbps~2.5Gbpsのマルチレート動作
  • バーストイネーブル/ディセーブル遅延:2ns以下
  • バーストオンタイム:576ns以上
  • バースト間バイアス電流ホールドタイム:制限なし
  • +3.3V単一電源でのDC結合動作
  • 標準消費電流:40mA
  • プログラマブルバイアス電流:1mA~70mA
  • プログラマブル変調電流:10mA~85mA
  • 自動平均パワー制御、障害モニタに付き(CAPCコンデンサ不要)
  • APCループ初期化:3バースト以下

アプリケーション/用途

  • APON、EPON、およびGPONアップストリームトランスミッタ
  • ファイバトゥザホーム(FTTH)およびファイバトゥザビジネス(FTTB)ブロードバンドアクセスシステム
  • 受動光ネットワーク(PON)トランスミッタ

MAX3656EVKIT: MAX3656の評価キット

ツールおよびモデル

  • MAX3656ETG_IN SPICE入力/出力モデル
  • 製品の信頼性レポート: MAX3656.pdf 
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    評価ボード3929MAX3656EVKIT MAX3656の評価キット