MAX3298

3.0V~5.5V、1.25Gbps/2.5Gbps LANレーザドライバ

短波および長波レーザダイオードおよびVCSELとコンパチブル


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3286/MAX3296シリーズは、ギガビットイーサネットアプリケーション用に最適化された光ファイバLANトランスミッタ用高速レーザドライバです。各素子は、バイアス発生器、レーザ変調器および総合的な安全機能を備えています。自動電力制御(APC)によってレーザバイアス電流が調整され、温度またはレーザ特性の変化に関係なく平均光パワーを一定レベルに維持します。モニタフォトダイオードを持っていないレーザ用に、これらの製品は一定電流モードを提供しています。本回路は、従来の短波(780nm~850nm)または長波(1300nm)レーザダイオードおよび垂直キャビティ表面発光レーザ(VCSEL)用に設定できます。

MAX3286シリーズ(MAX3286~MAX3289)は1.25Gbps動作用に最適化されており、MAX3296シリーズ(MAX3296~MAX3299)は2.5Gbps動作用に最適化されています。各素子は、仕様のデータ速度で30mAのレーザ変調電流をスイッチングすることができます。全動作温度範囲で消光比を仕様内に維持するために、可変温度補償が提供されています。このシリーズの素子は、低コストTO-46ヘッダに収められたレーザの駆動用に最適化されています。MAX3286の確定的ジッタ(DJ)は22ps (typ)であるため、ギガビットイーサネットDJ規格に対して72%のマージンを持っています。

これらのレーザドライバは、単一ポイントの耐障害性を保証するために充実した安全機能を提供しています。安全機能としては、デュアルイネーブル入力、デュアルシャットダウン回路およびレーザパワーモニタを備えています。安全回路は、危険な光出力レベルを生じる可能性のある障害を検出します。プログラマブルなパワーオンリセットパルスによって、スタートアップ時にレーザドライバが初期化されます。

MAX3286/MAX3296は、小型の5mm × 5mm 28ピンQFNまたはTQFNパッケージ、5mm × 5mm 32ピンTQFPパッケージまたはチップの形で提供されています。MAX3287/MAX3288/MAX3289およびMAX3297/MAX3298/MAX3299は、16ピンTSSOP-EPパッケージで提供されています。

主な特長

  • 確定的ジッタ:7ps (MAX3296)
  • 確定的ジッタ:22ps (MAX3286)
  • 電源電圧:+3.0V~+5.5V
  • 選択可能なレーザピン接続(コモンカソードまたはコモンアノード) (MAX3286/MAX3296)
  • レーザ変調電流:30mA
  • 変調電流の温度補償
  • 自動レーザパワー制御または一定バイアス電流
  • 安全回路の集積化
  • パワーオンリセット信号
  • QFNまたはTQFNパッケージ入手可能

アプリケーション/用途

  • ATM LAN光トランスミッタ
  • ファイバチャネル光トランスミッタ
  • ギガビットイーサネット光トランスミッタ

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3298 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX3298CUE
  • MAX3298CUE-T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース