MAX3269

+3.0V~+5.5V、1.25Gbps/2.5Gbpsリミティングアンプ

スケルチ機能付きリミティングアンプ、低確定的ジッタを生成


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

1.25GbpsのMAX3264/MAX3268/MAX3768および2.5GbpsのMAX3265/MAX3269/MAX3765は、ギガビットイーサネットおよびファイバチャネル光レシーバ機器用に設計されたリミティングアンプです。本アンプは広範囲の入力電圧を許容し、エッジ速度が制御された一定レベル出力電圧を提供します。その他の特長としては、ロスオブシグナル(LOS)表示付きのRMSパワーディテクタ、入力電圧が設定されたスレッショルドよりも低く低下した時にデータ出力信号をミュートするスケルチ機能(オプション)および優れたジッタ性能等が挙げられます。

MAX3264/MAX3265/MAX3765は誘導性のコネクタを許容する電流モードロジック(CML)データ出力を備え、16ピンTSSOPパッケージになっているため、GBICレシーバに最適です。MAX3268/MAX3269/MAX3768は規格に適合した正基準エミッタカップリングロジック(PECL)データ出力を備え、形状ファクタの小さな(SFF)レシーバに最適な超小型10ピンµMAX®パッケージで提供されています。
MAX3264、MAX3265、MAX3268、MAX3269、MAX3765、MAX3768:標準動作回路 MAX3264、MAX3265、MAX3268、MAX3269、MAX3765、MAX3768:標準動作回路 拡大表示+

主な特長

  • 電源電圧:+3.0V~+5.5V
  • 低確定的ジッタ
    • 14ps (MAX3264)
    • 11ps (MAX3265/MAX3765)
  • 最大エッジ速度:
    • 150ps (MAX3265/MAX3765)
    • 300ps (MAX3264)
  • 設定可能な信号検出機能
  • 出力インタフェースはCMLまたはPECLを選択可能
  • パッケージ:10ピンµMAXまたは16ピンTSSOP

アプリケーション/用途

  • ATM光レシーバ
  • ファイバチャネル光レシーバ
  • ギガビットイーサネット光レシーバ
  • システム相互接続

技術資料

アプリケーションノート 468 MAX3265: Using MAX3265 LOS in GBICs

ツールおよびモデル

  • MAX3269CUB SPICE入力/出力モデル
  • 製品の信頼性レポート: MAX3269.pdf 
    デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)   Material Composition  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID タイトル
    アプリケーションノート 468 MAX3265: Using MAX3265 LOS in GBICs