MAX3267

1.25Gbps/2.5Gbps、+3V~+5.5V、LAN用、低ノイズトランスインピーダンスプリアンプ

200nA (MAX3266)の低入力基準ノイズおよび1mAの入力過負荷


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX3266は1.25Gbps LAN光ファイバレシーバ用のトランスインピーダンスプリアンプです。本回路は入力換算ノイズが200nA、帯域幅が920MHz、入力オーバロードが1mAとなっています。

MAX3267は最大2.5Gbpsの通信をサポートするピンコンパチブル製品で、入力換算ノイズが500nA、帯域幅が1.9GHz、入力オーバロードが1mAとなっています。

いずれも+3.0V~+5.5V単一電源で動作し、補償コンデンサを必要としません。また、フォトダイオードに1.5kΩ抵抗を通じてVCCへの正バイアスを提供する省スペースのフィルタ接続部を含んでいます。これらの特長により、TO-46またはTO-56ヘッダにフォトダイオードと共に簡単に組み込むことができます。

1.25GbpsのMAX3266は、標準光ダイナミックレンジが短波長(850nm)構成で-24dBm~0dBm、長波長(1300nm)構成で-27dBm~-3dBmとなっています。2.5GbpsのMAX3267は、標準光ダイナミックレンジが短波長構成で-21dBm~0dBm、長波長構成で-24dBm~-3dBmとなっています。
MAX3266、MAX3267:標準アプリケーション回路 MAX3266、MAX3267:標準アプリケーション回路 拡大表示+

主な特長

  • 入力換算ノイズ:200nA (MAX3266)
  • 入力換算ノイズ:500nA (MAX3267)
  • 帯域幅:920MHz (MAX3266)
  • 帯域幅:1900MHz (MAX3267)
  • 入力オーバロード:1mA
  • 単一電源:+3.0V~+5.5V

アプリケーション/用途

  • 1Gbps~2.5Gbps光レシーバ
  • ファイバチャネル
  • ギガビットイーサネット

MAX3266EVKIT: MAX3266、MAX3267の評価キット
MAX3267EVKIT: MAX3266、MAX3267の評価キット

技術資料

アプリケーションノート 1938 HFAN-03.0.2:光レシーバ性能の評価
アプリケーションノート 630 HFAN-08.0.1: Understanding Bonding Coordinates and Physical Die Size

品質および環境データ

信頼性レポートをリクエスト: MAX3267 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

CAD Symbols and Footprints

  • MAX3267CSA
  • MAX3267CSA+
  • MAX3267CSA+T
  • MAX3267CSA-T
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース

    種類 ID PDF タイトル
    アプリケーションノート 1938 HFAN-03.0.2:光レシーバ性能の評価
    アプリケーションノート 630 HFAN-08.0.1: Understanding Bonding Coordinates and Physical Die Size