MAX24002

1.25Gbps~2.5Gbps SFPレーザトランシーバ

DDMおよびAPDコントローラ内蔵、2.5Gbpsトランシーバ


製品の特定バージョンの最新供給状況はこちらでご確認ください。

説明

MAX24002は、SFPアプリケーションの光ファイバモジュール用の、完全なレーザードライバトランスミッタおよびリミティングアンプレシーバです。2KBのEEPROMおよび適切な光学素子とともに使用することによって、デジタル診断機能を備えたSFP完全準拠モジュールが実現されます。別の方法として、マイクロコントローラがMAX24002とともに使用されますが、これはSFF-8472準拠を達成するための必要条件ではありません。

2.5Gbpsリミティング受信経路は、設定可能な出力スウィング制御、レート選択、およびOMAに基づくロスオブシグナル検出を備えています。外付けDC-DCコンバータを必要とすることなくAPDバイアスを実装するための機能も提供されます。

このレーザドライバは、ルックアップテーブルを使用して温度補償される変調制御を備えています。レーザ出力のクローズドループ制御は、トラッキングエラー補償を取り入れています。これは、チップ内で検出されるさまざまなフォルト状態に応じた変調およびバイアス電流の遮断を可能にするレーザセーフティシステムにリンクされています。

MAX24002は、EEPROMまたは2線式インタフェースを使用する低コストマイクロコントローラのいずれかによる非常に柔軟な設定が可能です。
MAX24002:ファンクションダイアグラム MAX24002:ファンクションダイアグラム 拡大表示+

主な特長

  • 1.25Gbps~2.5Gbpsリミティングレシーバ
  • 過電圧および過電流保護を備えたAPDバイアスループ内蔵
  • OMAに基づくLOS検出
  • 1.25Gbps~2.5Gbpsレーザドライバ
  • CML、LVPECL対応入力
  • オープンおよびクローズドループバイアス制御
  • 温度補償されたIMOD制御
  • 非常に柔軟な設定が可能なレーザセーフティシステム
  • SFP MSAおよびSFF-8472デジタル診断
  • 温度センサー内蔵
  • 外部DAC、ADC、およびPWMインタフェース

アプリケーション/用途

  • OC-48、ギガビットイーサネット

品質および環境データ

製品の信頼性レポート: MAX24002.pdf 
鉛フリーパッケージの錫(Sn)のウィスカレポート

ツールおよびモデル

  • MAX24002 IBISモデル
  • CAD Symbols and Footprints

  • MAX24002TL+
  • デバイス   ウェハープロセス   プロセス技術   サンプルサイズ   不合格   FIT (25°C)   FIT (55°C)  

    注: 不良率はプロセス技術ごとにまとめられ、関連する型番にマッピングされます。 不良率はテストされたユニット数に大きく依存します。

    品質管理システム >
    環境管理システム >

     
    Status:
    Package:
    Temperature:

    関連リソース